週間チャート分析

2021年3月8日~12日『損切り値幅と取引枚数』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年3月8日(月)~12日(金)

ユーロ/米ドル・米ドル/円のチャート中心に、今週のトレードを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

<1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

800EMA(紫)=4時間足の200EMA

 

<15分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

 

<5分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

600EMA(紫)=15分足の200EMA

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値です。

 

3月8日(月)

<1時間足チャート>

先週足の安値をブレイクして、下落中。

下降トレンドです。

 

<5分足チャート>

下降トレンドなので、売り優勢と見ますが、水平線が引けないので様子見です。

 

3月9日(火)

<1時間足チャート>

下降トレンド中に形成されつつある水平線を引いておきます。

上昇を食い止めているので、抵抗線という認識です。

 

<5分足チャート>

1時間足で下降トレンド中なので、抵抗線(上昇)ブレイク後の試しが反発しないパターンが一番利益が伸ばせそうです。

 

3月10日(水)

<1時間足チャート>

抵抗線をブレイクしました。

ブレイク箇所(〇印)を5分足で確認します。

 

<5分足チャート>

エントリーの条件は「ブレイク後の試し」が

反発するか?

反発しないか?

そこにビルドアップがあるか?

です。

ここでは抵抗線を挟んで上下に浮動しており、明確に分かりません。

トレードは見送ります。

 

3月11日(木)

<1時間足チャート>

黄色矢印の箇所、1時間足のはらみ足が形成されました。

はらみ足手法に基づき、買いトレード。損切になりました。

 

<1時間足チャート 拡大>

トレード手法に合致したトレードができているので、負けましたが、いいトレードです。

自分の手法で不明確な点をFT3検証で追究した結果、トレード手法に合致していないのに、エントリーしてしまうことはなくなりました。

はらみ足手法においては、エントリー前に確認する損切り幅で取引枚数を決めています。

0~30pips  ⇒2万通貨

31~60pips⇒1万通貨

上のトレードは損切り値幅が35pipsなので、1万通貨でトレード。

 

はらみ足手法は「勝率の高さ」が強い点で、「損益比率の低さ」が弱い点です。

高勝率な強みを活かすことを考えても

損切り値幅(=利確値幅)に応じて取引枚数を設定することで、安定した成績に繋がるはずです。

 

3月12日(金)

<1時間足チャート>

黄色矢印間で、売りトレード。

今度は、利確できました。

 

<1時間足チャート 拡大>

はらみ足ブレイクで、売りエントリー。

はらみ足の値幅と同じ値幅で利確します。

このトレードでは、損切り(=利確)値幅が30pips以内なので2万通貨でトレードしました。

 

損切りに応じた取引枚数を設定する理由については、下の記事に書いています。

誰でもできる!はらみ足を使ったシンプルなトレード手法で勝つ方法

35歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   1時間足チャートで「はらみ足」を使ったトレード手法を検証してみました。 検証にはFT3を使います。 2005年の1年間で、通貨ペア ...

続きを見る

 

 

FX週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

3月8日(月)

<1時間足チャート>

先週足の高値を上にブレイク。

ちょうどユーロ/米ドルと反対の方向に動いています。

 

<5分足チャート>

節目である先週足高値を超えました。

直近で明確な水平線が引けないので、しばらくトレードはできません。

 

3月9日(火)

<1時間足チャート>

上昇トレンドを支えた点を結び、支持線を引いておきます。

 

<5分足チャート>

支持線をブレイクしました。

この後の「試し」でエントリーを判断します。

 

3月10日(水)

<1時間足チャート>

一時的に支持線をブレイクしましたが、トレードはできていません。

 

<5分足チャート>

支持線ブレイク後の試しが反発しませんでした。

スッと上に戻っています。

反発しなかった場合は、買いエントリーになりますが

ビルドアップがないので、トレードは見送りです。

 

3月11日(木)

<15分足チャート>

昨日の支持線(描写していません)の下に

新たに支持している点ができました。新しい支持線を引いてトレードの準備をします。

 

<5分足チャート>

白い支持線をブレイクした後の試しでトレードします。

 

3月12日(金)

<1時間足チャート>

昨日準備しておいた支持線は、ブレイクされることなく上昇していきました。

黄色〇の箇所で、はらみ足トレード手法が使えます。

 

<1時間足チャート 拡大>

はらみ足をブレイクした箇所で買いエントリー。

はらみ足と同じ値幅上昇したところで利確できます。

この時、ユーロ/米ドルではらみ足手法を使ってトレードしていたので、ドル円ではエントリーできていません。

 

【はらみ足トレード手法 まとめ】

・損切り(=利確)値幅に応じて、取引枚数を決める。

・損切り値幅61pips以上になる場合は、見送る。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.