週間チャート分析

2020年11月30日~12月4日『5分足の波形と1時間足の波形のサイズ』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2020年11月30日(月)~12月4日(金)

ユーロ/米ドル、米ドル/円のチャートを振り返ります。

 

 

FXチャート分析(ユーロ/米ドル)

1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(緑)

100EMA(紫)=4時間足の25EMA

 

<5分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

300EMA(緑)=1時間足の25EMA

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値

※白色水平線は、意識されている節目

 

11月30日(月)

<1時間足チャート>

先週足の高値をブレイクしたが、再び戻ってきた。

値動きを「大きな波」で見ると、まだ上昇トレンドが継続しているように見えます。

 

<5分足チャート>

順調な上昇トレンドから、急落。

長期移動平均線である300EMA(緑)を下ブレイクしているので、値動きを「小さな波」で見る場合には、下降トレンドです。

セットアップがないので、様子見。

 

12月1日(火)

<1時間足チャート>

昨日の急落は、1時間足の100EMAに支えられて反転上昇。

「大きな波」で押し目買いが入りました。

 

<5分足チャート>

「大きな波」で押し目買いが入ったポイント(上図チャートの最安値付近)

を、「小さな波」で確認します。

理想は小さな波がボックスパターンを形成することですが、ここでもセットアップは形成されていないので様子見です。

 

12月2日(水)

<1時間足チャート>

「大きな波」の上昇トレンドが継続しています。

 

<5分足チャート>

長期移動平均線である300EMA(緑)に支えられて上昇。

自分のトレード手法に見合うセットアップが形成されるまでは、ひたすら様子見です。

 

12月3日(木)

<1時間足チャート>

上昇トレンド継続。「大きな波」の方向性に逆らわないことが最優先です。

 

<5分足チャート>

「大きな波」が上昇トレンドなので、後から見ればどこでも仕掛けられる(どこで仕掛けても勝てる)ように見えます。

これこそ、後付け説明エラーの怖さだと思います。

ここも様子見。

 

12月4日(金)

<1時間足チャート>

ようやく黄色矢印間でトレードです。

「大きな波」が上昇トレンドなので、同一方向の買いトレードです。

 

<5分足チャート>

「大きな波」の押し目に見えたポイントで、ボックスパターンを形成。

「小さな波」で見ると、頂点(高値)からの下降が失敗したところです。

ボックスパターン形成。ダマシの安値がないので、ボックスブレイク後の揉み合いから抜けたところでロング。

 

仕掛けた後、建値付近を試して再上昇しましたが、高値更新が弱く落ちてきたところで決済です。

仕掛ける前の決済プランとして

今週の上昇に対して、買い手の手仕舞いが考えられる。(週末の夜なので)

⇒含み益を伸ばすよりも、怪しくなったら即逃げプラン。

 

 

FXチャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

11月30日(月)

<1時間足チャート>

強い上昇波のハラミの中を推移しています。

直近の高値・安値は、強い抵抗・支持になると考えます。

 

<5分足チャート>

5分足の300EMAを挟んで、上下に浮動。

チャートの右端では300EMAを上抜いているので、上昇圧力が強いと考えますが、大きな波ではハラミの中。

安易に上昇を追いかけるのは危険だと考えます。

 

12月1日(火)

<1時間足チャート>

依然、ハラミの中です。

直近の高値・安値の反発を警戒して、小さな波でトレードする場合はには、「そのあたり」を決済ポイントにします。

 

<5分足チャート>

5分足の300EMAに支えられて上昇しています。

ボックスパターン、セットアップが形成されるまでは待ち。

セットアップが形成されたら、決済ポイントまでの値幅を見てトレードするかどうか判断します。

 

12月2日(水)

<1時間足チャート>

黄色矢印間の買いトレードです。

決済ポイントは、ハラミの中の直近高値付近です。

 

<5分足チャート>

ボックスパターンを形成し、上部で揉み合い(黄色枠)。

ブレイク後の試しでロング。

「大きな波」のハラミ高値が決済ポイント。エントリー位置からは約30pipsあったのでトレードしました。

15pips以下になると見送ることが多いです。

自分のトレード手法から、初期損切は10~20pips。損益比率の観点から、利確(平均利益)が20pipsを割ってくると苦しくなるので。

 

12月3日(木)

<1時間足チャート>

「大きな波」では依然ハラミの中。

白枠からの売りトレードを仕掛けました。

 

<5分足チャート>

「大きな波」がハラミの中を推移しているので、その流れに従います。

ハラミの高値付近からの売り。ハラミの安値付近で決済。

 

5分足の300EMA付近でボックスパターンを形成。

ダマシがないので、ブレイク後の試し(もみ合い)が必要です。

ボックスを下ブレイクした後、横横で揉み合って、再下落したポイントでショートエントリー。

ハラミ下限である、先週足の安値付近で決済です。

 

12月4日(金)

<1時間足チャート>

ハラミの下限で反発。

移動平均線も効いていないように見えるレンジ相場です。

 

<5分足チャート>

ハラミの下限からじわじわ上昇。

セットアップもないので、様子見して終了。

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・「大きな波」と「小さな波」でチャートの値動きを見る。

※5分足チャートを見ているから「小さな波」を見れているわけではない。

 1時間足チャートを見ているから「大きな波」を見れているわけではない。

 自分の中に、波を可視化する基準(一貫性)を持つ。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.