週間チャート分析

2020年12月7日~11日『1時間足トレンドフォロー。5分足エントリーの極意』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2020年12 月7日(月)~11日(金)

ユーロ/米ドル、米ドル/円のチャートを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(緑)

100EMA(紫)=4時間足の25EMA

 

<5分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

300EMA(緑)=1時間足の25EMA

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値

 

12月7日(月)

<1時間足チャート>

1時間足で上昇トレンドが確認できます。

高値の更新。安値の切り上げ。

赤ラインが、上昇トレンドの最後の押し安値です。

最後の押し安値をブレイクしましたが、高値も更新しているので、トレンドがない状態だと考えます。

 

<5分足チャート>

赤ラインをブレイクするまでは、1時間足で上昇トレンドです。

赤ラインの攻防に注目。

赤ラインのブレイクをダマシだと考え、「カウンタ-ブレイク」を狙いましたが、初期損切りが大き過ぎる(20pips以上)のでエントリーは見送りです。

また、5分足の300EMA(1時間足の25EMA)である緑ラインを下回っていたことも見送った理由です。

 

12月8日(火)

<1時間足チャート>

トレンドがない相場が継続しています。

上昇トレンドの最後の押し安値をブレイクした後、ハラミの中を推移しています。

自分のトレード手法はトレンドフォローなので、1時間足でトレンド認定できるまでは様子見します。

 

<5分足チャート>

セットアップなし。

 

12月9日(水)

<1時間足チャート>

安値を更新し、高値を切り下げているので、下降トレンド認定。

1時間足の100EMAも下回っているので、売りトレードのエントリーを狙います。

 

 

<5分足チャート>

1時間足で下降トレンドが認識できましたが、5分足で売りセットアップはありません。

1時間足トレンドフォローの極意は「1時間足がトレンド相場の時だけ、5分足でエントリーする」ことです。

FXで勝つコツは余計なことをしない。

当たり前のことをやり続けることだと思っています。

 

12月10日(木)

<1時間足チャート>

安値を更新しましたが、再び高値も更新。

下降トレンドの最後の戻り高値がブレイクされているので、下降トレンドは終了です。

再び、1時間足でトレンドが発生するのを待ちます。

 

<5分足チャート>

下降トレンド中に売りセットアップなし。様子見。

 

12月11日(金)

<1時間足チャート>

高値を更新して、安値切り上げ。

1時間足で上昇トレンドが完成しました。

しかし、もっと大きな時間軸で見ると、先週足高値付近でダブルトップを形成しているように見えます。

自分のトレードする基準では買い狙いですが、売り勢力は大きな時間軸でMトップが見えていると考えておくことが大事です。

「1時間足が上昇トレンドだから絶対上がるはず」という想定は危険です。

 

<5分足チャート>

上昇トレンドでボックスパターンを形成するように見えましたが、パターンが完成することなく時間切れで終了です。

 

 

FX週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

12月7日(月)

<1時間足チャート>

1時間足チャートを見たら、必ず1時間足の波が認識できるわけではありません。

1時間足チャートでも、見る人によって、見える波のサイズは違いがあります。

 

チャート右端を細かく見れば、安値切上げの高値更新で上昇トレンド中に見えます。

でも、チャート中央のダブルトップが見えていると、下降トレンドの戻しが入っているところだと認識できます。

どちらの見方が正しいのか?よりも、自分の中に一貫性を持つことが大事だと思います。

 

<5分足チャート>

1時間足の25EMA(緑)を挟んで上下に浮動。

セットアップはありません。

 

12月8日(火)

<1時間足チャート>

昨日と同じような状況です。

短期的には上昇トレンドに見え、長期的には下降トレンドの戻し中に見えます。

 

<5分足チャート>

全体的にローソク足の重なりが多く、トレードに適していない状態だと考えます。

 

12月9日(水)

<1時間足チャート>

ずるずる上昇が継続しています。

上昇トレンドに見えても、下降波の半値戻し付近なので、一気に上昇するのは難しそうです。

 

<5分足チャート>

セットアップなく、様子見で終了。

 

12月10日(木)

<1時間足チャート>

1時間足の100EMA(紫)を上回ったので、買い手優勢、上昇トレンドとして認識。

気になるのはチャート中央にある大きなダブルトップです。

 

<5分足チャート>

1時間足が上昇トレンドで、5分足に「カウンターブレイク」のセットアップが完成しました。

「大きなW」に「小さなN」が潰された場所。ブレイク前の揉み合いもあるのでトレードに適しています。

 

決済は、1時間足チャート中央のダブルトップの強い下落が始まったゾーンです。

1時間足チャートに青枠で表示している箇所から強い下落が始まっているので、ここからの戻り売りを警戒して決済しました。

 

12月11日(金)

<1時間足チャート>

昨日の上昇が終了。

安値を更新し、高値を切り下げて、下降トレンドが完成しています。

 

<5分足チャート>

1時間足が下降トレンドなので、売りトレードを狙っていましたが、セットアップはなく様子見で終了です。

 

 

トレンドフォローのエントリーの極意

今週ドル円のトレードに使ったカウンターブレイク手法ですが、他通貨ペアでも同様のパターンがありました。

↓カウンターブレイク手法のやり方については、下記の記事に記載しています。

FX5分足トレード手法『カウンターブレイク』のやり方

続きを見る

 

でも一番大事なことは、トレンドが出ている時だけトレードすることです。

 

トレンドの途中にできたレンジ

<1時間足チャート>

左側から順調に落ちてきています。

綺麗な下降トレンドです。トレードは分かりやすい場面だけで戦うこと。

 

黄色矢印の地点で売りトレードを仕掛けました。

矢印の場所ではレンジ相場に見えるかもしれませんが、トレンド途中にレンジを形成することもあります。

その場合は、トレンド継続中と考えて、トレンドの進行方向に仕掛けるセットアップのみ採用します。

 

<5分足チャート>

カウンターブレイクの売りセットアップ。

「大きなM」に「小さなN」が潰されています。

黄色矢印(下)で決済しています。

これは長期的な節目である先週足の安値付近では、一旦買い戻しが入ることが多いため、ブレイク後の反発を見て決済しています。

 

トレンド継続の判断材料は?

<1時間足チャート>

トレンド継続の判断材料に使うのは、移動平均線ではなく、ローソク足のプライスアクションです。

上昇トレンドなら、最後に高値を更新した押し安値

下降トレンドなら、最後の安値を更新した戻り高値

これらが崩されてるまではトレンドが継続中と判断します。

※ブレイク=トレンド転換ではない。

 

<5分足チャート>

1時間足が上昇トレンドなので、5分足で上昇セットアップを確認してエントリーします。

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・1時間足がトレンド相場の時だけ、5分足で継続方向のセットアップを確認してトレードする。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.