週間チャート分析

2021年2月8日~12日『ブレイクと試し』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年2月8日(月)~12日(金)

ユーロ/米ドル、米ドル/円のチャート中心に今週のトレードを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

<1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

800EMA(紫)

 

<15分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

 

<5分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

600EMA(紫)=15分足の200EMA

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値です。

 

2月8日(月)

<1時間足チャート>

先週足安値から上昇。

目立つ抵抗の価格帯に水平線を引いておきます。

 

<5分足チャート>

水平線のブレイクか反転かでトレードを狙っていましたが、揉み合いが始まっていて、ブレイク可否も分かりづらく手が出せる状況ではありません。

 

2月9日(火)

<1時間足チャート>

抵抗をブレイクし、さらに上昇していきました。

 

<5分足チャート>

水平線のブレイク可否を考えていたところが白〇です。

パターンラインが引けないまま上昇していったので、見送るしかありません。

 

2月11日(木)

<1時間足チャート>

上昇が続き、先週足の高値まで到達しました。

直近では上昇トレンドですが、ここは売り圧力もかかりやすいゾーンです。

 

<15分足チャート>

ここでのトレードプランは3パターンです。

茶色水平線(先週足の高値)を使って

①上昇ブレイク後の試しで反発する(買いトレード)

②上昇ブレイク後の試しで反発しない(売りトレード)

③ブレイク前に反転下落(売りトレード)

いずれのパターンでも、ブレイク前に揉み合っている(ビルドアップがある)ことが条件です。

 

2月12日(金)

<15分足チャート>

③の「ブレイク前の反転下落」になりました。

 

<5分足チャート>

パターンラインの位置からは黄色〇で売りエントリーするのが最適だと思われますが、トレードを見送りました。

ブレイク前の揉み合い(ビルドアップ)が足りないと考えたからです。

5分足チャートでは全容が見えないほど大きなセットアップになっているので、15分足チャートでも認識できるぐらいの揉み合い形成を待っていました。

が、そのまま下落。しかたないです。

 

 

FX週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定はユーロ/米ドルと同じです。

 

2月8日(月)

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンド。

トレンドの中にレジサポラインが引けます。

 

<5分足チャート>

暫定で引いたライン上の値動きを注視していましたが、そのまま下落。

様子見です。

 

2月9日(火)

<1時間足チャート>

昨日の下落が継続。

先週足の安値まで到達しました。

 

<5分足チャート>

先週足の安値付近で、ローソク足が重なっています。

売り圧力と買い圧力がぶつかっている状態で、トレードには適していないと判断します。

 

2月11日(木)

<1時間足チャート>

1時間足チャートでも認識できるローソク足の重なりです。

しばらくトレードはできそうにないので、白枠で囲っておきます。

この枠を抜けるまではトレード禁止。

 

<15分足チャート>

昔はこの枠の中でよくトレードして負けていました。

利益を積むこと同様に、損失を回避することも大事です。

(利益を積む)機会損失よりも、損失回避を優先します。

 

2月12日(金)

<1時間足チャート>

トレード禁止ゾーンを抜けました。

 

<5分足チャート>

終わった後に見ると、白枠のブレイクアウトでトレードできそうにも見えますが・・・。

そういったものは「後付け説明エラー」として捉えます。

 

 

今週のトレード

ポンド/米ドル

2月12日(金)

<1時間足チャート>

黄色矢印の箇所の売りトレードです。

自分の間違いに気づいて、建値撤退しました。

 

<15分足チャート>

エントリー時点の考えとしては

水平線を上昇ブレイク後の試しが反発しなかった

⇒ブレイクの失敗⇒売りエントリー

です。

 

しかしポジション保有中に

この一連のプライスアクションを上昇ブレイクとして見るには、ブレイク前の抵抗が不足していることに気づきました。

さらに自分が引いた水平線は支持線である。

下降を食い止めている価格帯を表している。

 

つまり

上昇ブレイク後の試し

ではなく

下降ブレイク後の試し

として見るべきだと考えたのです。

 

<5分足チャート>

最初から「下降ブレイク後の試し」として見ることができていたならば、矢印ではなく、黄色〇で買いトレードを仕掛けられます。

水平線

「ブレイク」と「試し」

パターンライン

ビルドアップ(もみ合い)

この4つの要素を組み合わせて相場分析することで、もっとトレードの精度を高められると思います。

FT3で練習するしかない!

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・自分でトレード手法の仮説(こうすれば勝てる)を立てたなら

FT3で撤退的に検証して、自分のトレード技術を高める。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.