週間チャート分析

2021年3月1日~5日『FXはらみ足トレード手法』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年3月1日(月)~5日(金)

ユーロ/米ドル・米ドル/円のチャート中心に、今週のトレードを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

<1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

800EMA(紫)=4時間足の200EMA

 

<15分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

 

<5分足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

600EMA(紫)=15分足の200EMA

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値です。

 

3月1日(月)

<1時間足チャート>

先週足の安値付近を推移。

明確な水平線が引けるのを待ちます。

 

<5分足チャート>

先週足の安値ラインをブレイク。

先週足の安値は、ちょうどレジサポラインになっています。

 

3月2日(火)

<1時間足チャート>

黄色〇の箇所は、抵抗線ブレイク後の試しが反発したところです。

 

<5分足チャート>

最初は白い抵抗線で、ブレイク後の試しを狙っていました。

しかし白い抵抗線をブレイクした後に、新たな抵抗線(黄色)を形成しました。

0時を過ぎていたのでトレードできていませんが、理想は、黄色〇で買いエントリーです。

 

3月3日(水)

<1時間足チャート>

再び先週足安値付近で停滞しています。

 

<5分足チャート>

トレードに使えそうな水平線が引けていないので、様子見です。

 

3月4日(木)

<15分足チャート>

白い水平線は、支持線として引きました。

支持線を下にブレイクした後、試しを待ちました。

試しが反発するかどうか?

ビルドアップがあるか?

この2点がチェックポイントです。

結果は反発し下落しましたが、下落前にビルドアップを判断するパターンラインが引けなかったので、見送りました。

 

3月5日(金)

<1時間足チャート>

黄色〇の箇所。1時間足ではらみ足手法が使えます。

 

<1時間足チャート 拡大>

1時間足のはらみ足を下にブレイク。

はらみ足本体と同じ値幅分、売りトレードを狙います。本業のため、未トレード。

はらみ足手法のトレードは、米ドル/円で実施しています。

 

 

FX週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカルチャート設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

3月1日(月)

<1時間足チャート>

先週足高値付近で停滞。トレードのセットアップが整うのを待ちます。

 

<5分足チャート>

先週足の高値ラインをブレイクした後、試しの段階に入っているように見えます。

しかし5分足・15分足で明確な水平線が引けない限りは、トレードできません。

 

3月2日(火)

<1時間足チャート>

月曜日と同じ価格帯にとどまっています。

 

<5分足チャート>

昨日ブレイク後の試しに見えた箇所に薄いパターンラインを引いています。

結局ここでは明確な水平線が引けないままだったので、トレードは見送りました。

その後はレンジ相場に突入しました。

 

3月3日(水)

<1時間足チャート>

黄色矢印で買いトレードを仕掛けました。

1時間足のはらみ足手法です。

 

<1時間足チャート 拡大>

白枠で囲んだはらみ足をブレイクしたところで、買いエントリー。

本来であれば、はらみ足と同じ値幅の利益を狙うのですが、損切りの決済注文しか入れていなかったため、翌朝に建値付近で撤退しました。

夜中にはらみ足と同じ値幅分の値動きを達成しており、本来であれば利確済みのため。

失敗を反省して、とりあえずポジションを整理することにしました。

反省です。

 

3月4日(木)

<1時間足チャート>

黄色矢印で再び買いトレードです。

手法は、1時間はらみ足ブレイクです。

 

<1時間足チャート 拡大>

白枠のはらみ足をブレイクでロング。

はらみ足と同じ値幅で決済です。

はらみ足手法の場合は、ブレイク後の試し手法に比べて初期損切が大きくなります。

初期損切が20pips程度におさまるなら2万通貨。それ以上なら1万通貨でトレードします。

最大損切り幅は60pips程度まで許容。

 

3月5日(金)

<1時間足チャート>

水曜日からの上昇が継続。

大きく値が動きましたが、トレードするためのセットアップが完成していないので、ずっと様子見です。

 

<5分足チャート>

まず水平線が引けるかどうか。

水平線が引けない限りはトレードできません。

 

 

はらみ足トレード手法に関して

今週は、「ブレイク後の試し」でトレードすることがなく、「はらみ足手法」だけでした。

はらみ足手法のやり方は↓の記事で。

【簡単図説】誰でもできる「はらみ足ブレイク手法」のやり方

続きを見る

 

記事をアップしてから、はらみ足手法を使っていなかったのは、FT3で検証していたからです。

上の記事に書いていることだけでは、安定した結果を残すことができませんでした。

 

一番問題になったのは

トレンド相場で仕掛ける

という条件でした。

 

一見、簡単なことのように見えますが

今がトレンド相場かどうか?

それはどの時間で見て判断する?

今がトレンドでも、いつトレンドが終わるか分からない

トレンド相場で仕掛けたら、いつでも勝てるのか?負けた場合、他に敗因があるのではないか?

など、検証を進めていくうえで、いろんな問題が出てきました。

 

まだまだ確認すべきことはあるのですが、一旦は、安定した結果が出だしたので、実戦投入することにしました。

 

はらみ足手法 他事例

3月1日(月)

豪ドル/米ドル

<1時間足チャート>

はらみ足が完成する前のローソク足は、小さいものばかりです。

はらみ足ブレイクアウト、黄色矢印で買いエントリーです。

損切りは、はらみ足の少し下。利確は、はらみ足と同じ値幅で設定します。

 

その後・・・(3月2日)

<1時間足チャート>

時間が掛かりましたが利確できました。

初期損切が大きい(20pipsを超えている)ので、取引量は1万通貨にしています。

 

 

【「はらみ足ブレイク手法」の追加条件】

・はらみ足の「親」のローソク足は、実体が大部分を占めている。

 (ヒゲがないor短い)

・はらみ足の「親」と「子」、ローソク足の実体サイズが、「子」は「親」の半分以下である。

・はらみ足のコンビが完成する前のローソク足数本はサイズが小さく、値動きが少ないこと。(はらみ足コンビのローソク足サイズに対して)

※はらみ足コンビの1本前だけ大陰線・大陽線である場合は、トレード可能。2本以上が大きなローソク足である場合はトレードを見送る。

 

 

【最新版】はらみ足トレード手法のやり方!!

1時間足トレードの勝率を劇的に向上させるコツは値幅管理にあった

続きを見る

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.