週間チャート分析

2021年4月26日~30日『半値押しの揉み合い相場は危険地帯』

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年4月26日(月)~30日(金)

ユーロ/米ドル・米ドル/円のチャート中心に、今週のトレードを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

<1時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

800EMA(紫)

 

<4時間足チャート テクニカル表示設定>

25EMA(黄)

200EMA(緑)

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値です。

 

4月26日(月)

<4時間足チャート>

先週足の高値ラインが、4時間足の抵抗線と重なっています。

4時間足の抵抗線からは大きな売り圧力がかかると考えて、青い水平線を引いておきます。

この抵抗線にぶつけるトレードは避けます。

 

<1時間足チャート>

上図の茶色線が先週足の高値ラインです。(4時間足の抵抗線)

上位足の抵抗線にぶつけるトレードになるセットアップは見送るようにします。

上図では白い枠線で「はらみ足のセットアップ」が形成されましたが、上位足の抵抗にぶつけるトレードになるためエントリーを見送りました。

 

4月27日(火)

<4時間足チャート>

相場環境は昨日と同じです。

 

<1時間足チャート>

上位足の抵抗線近くなので、買いのセットアップはしばらく見送りです。

上図の白枠は、昨日見送ったセットアップです。買いエントリーしていたら、損切りになっていました。

 

4月28日(水)

<4時間足チャート>

4時間足の抵抗線をブレイクしました。

上位足の抵抗・支持は、必ず反発するというわけではありません。

また下位足で見た時に

ブレイクしたかどうか?

の判定もしにくいです。

自分の場合は、4時間足の抵抗・支持ライン付近のトレードで負けることが多かったので、「見送る」というルールを設けました。

 

4月29日(木)

<1時間足チャート>

昨日4時間足の抵抗線をブレイク。

黄色矢印で売りトレードを仕掛けました。

売りトレードで警戒すべきは、赤い水平線の支持ラインですが、仕掛けた位置からはだいぶ値幅があるので、問題ないと考えました。

 

<1時間足チャート 拡大>

白枠のはらみ足をブレイクしたところで、売りエントリー。

はらみ足と同じ値幅下落したところで、利確。

 

4月30日(金)

<1時間足チャート>

白枠は、1時間足の上昇波の半値付近で揉み合っているゾーンです。

こういった半値押し(戻し)で揉み合った場合は、上下に浮動しやすいのでトレードを見送ったほうがいいです。

※後で紹介するポンド/米ドルの負けトレードから学ぶました。

 

<1時間足チャート 拡大>

半値押しの揉み合いゾーンを抜けた後、はらみ足のセットアップを形成しました。

ルールどおりなら、黄色〇で売りエントリーになりますが、1時間足の支持線が直下にあったのでトレードを見送りました。

結果的には抜けていますが、ここは4時間足でも認識できる支持線だったので、自分のトレードルールに従います。

 

週間FXチャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

4月26日(月)

<4時間足チャート>

4時間足チャート上では目立つ抵抗線・支持線は見当たりません。

 

<1時間足チャート>

セットアップなし。

 

4月27日(火)

<4時間足チャート>

先週足の高値ラインに到達。このあたりからは大きな売り圧力がかかりやすいです。

 

<1時間足チャート>

セットアップなし。

 

4月28日(水)

<4時間足チャート>

先週足の高値ラインで反発し、下落。

4時間足チャートでダブルトップを形成しました。2回反転した抵抗線なので、この付近での買いトレードは避けます。

 

<1時間足チャート>

セットアップなし。

 

4月29日(木)

<4時間足チャート>

昨日認識した4時間足の抵抗線には、青ラインを引いておきます。

 

<1時間足チャート>

セットアップなし。青ラインが上位足の抵抗線なので、ここにぶつける買いトレードはセットアップが形成されても見送ります。

 

4月30日(金)

<4時間足チャート>

4時間足の抵抗線をブレイクしました。

ここから上なら、買いトレードもOKです。

 

<1時間足チャート>

セットアップなし。

 

 

他通貨ペアでのトレード

「推進波の半値押しの揉み合い」に注目。

 

4月28日(水)

ポンド/米ドル

<4時間足チャート>

赤点線の上昇波、黄色枠内の半値押し揉み合いが認識できます。

 

<1時間足チャート>

チャート中央には、陽線が連続した強い上昇波があります。

この上昇波の半値押しあたりでローソク足が揉み合っていることが認識できます。

この揉み合いの中で売りトレードを仕掛けて、損切りになりました。

敗因は

もみ合いが発生している=「買い」と「売り」がぶつかっている

上下に浮動しやすいゾーンなので、売りセットアップから綺麗に下落していかなかった

と考えています。

 

<1時間足チャート 拡大>

白枠が売りセットアップ。後から見れば、安値を切り上げて上昇しているようにも見えます。

4時間足の環境認識ができていれば、避けられた損失です。

 

 

 

4月28日(水)

豪ドル/米ドル

<4時間足チャート>

青い水平線は、4時間足の抵抗線です。

黄色矢印で買いトレード。

 

<1時間足チャート>

4時間足の抵抗にぶつからない位置でトレード。

ルールどおりの良いトレードでした。

 

まだまだできてないことは多いと思いますが、少しずつ上位足の環境認識ができるようになってきました。

引き続き4時間足のチャート分析に重点をおいてトレードしていきます。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.