週間チャート分析

2021年5月10日~14日『環境認識を根拠にトレードする』

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年5月10日(月)~14日(金)

ユーロ/米ドル・米ドル/円のチャート中心に、今週のトレードを振り返ります。

 

 

FX週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

<5分足チャート テクニカル表示設定>

200EMA(緑)

 

<1時間足チャート テクニカル表示設定>

200EMA(緑)

 

<4時間足チャート テクニカル表示設定>

200EMA(緑)

 

※茶色水平線は、先週足の高値/安値です。

環境認識に集中するために、平均線を200だけにしました。

 

5月10日(月)

<4時間足チャート>

先週足の高値付近であり、日足の戻り売りゾーンです。

1時間足のはらみ足セットアップを形成しましたが、環境認識を根拠にトレードするならば、上位足の抵抗がある時点でここでの買いトレードはなしです。

 

<1時間足チャート>

前回記事の理由にて、はらみ足手法は一旦停止します。

 

5月11日(火)

<4時間足(日足)チャート>

日足チャートを見ると、青線の売りN波形が形成されているのが分かります。

環境認識を根拠にトレードする。トレードの基本は、押し目買いと戻り売り。

N波形の根元まで戻してきているので、下位足で売りエントリーのタイミングを図ります。

 

<5分足チャート>

記載していませんが1時間足のダブルトップの右の山でエントリーしています。

5分足の小さなMトップ。

ネックラインをブレイクした後に、高値試しで高値が更新できないと思ったところでショートエントリーしました。

 

5月12日(水)

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンドを形成していますが、上位足は売りゾーンでした。

1時間足のネックラインブレイクを狙ったトレードでしたが・・・。

 

<5分足チャート>

1時間足のネックラインブレイクを求めたトレードでしたが、いざ含み益が出ると

「もう十分じゃないか?」

「1時間足は上昇トレンドだから、押し目買いが入ってくるかも」

という考えから決済してしまいました。

1時間足の押し目買いが入るにしても、短期足(5分足)の反転サインが出るまでは保有しないと、一貫したトレードはできそうにありません。

が、自分のデイトレ経験から40pips以上の利確になるなら、理由はなんでもいい。

平均利益が40pips以上とれているなら、平均損切り20pips以下で損益比率2.0達成できるからよしとします。

 

5月13日(木)

<4時間足チャート>

先週足の高値ラインは、日足レベルの戻り売りゾーンです。

対して4時間足では強い上昇波が確認できます。

先週足の高値ラインからはだいぶ押してきているので、4時間足レベルの押し目買いを検討。

 

<1時間足チャート>

赤枠のゾーンで押し目買いを検討。

5分足の波の反転で、買いエントリーできるポイント形成を待ちます。

 

5月14日(金)

<1時間足チャート>

4時間足の押し目買いが入ったのですが、トレードはできませんでした。

 

<5分足チャート>

赤枠で買いエントリーできる場所を探していましたが、エントリーできませんでした。

今まで「明確なトレードサイン」を軸にトレードしてきたので、「それらしい形」が現れないとエントリーできません。

できないことが全て悪いわけではありませんが、自分が環境認識でトレードすると決めた以上は、このゾーンで買うタイミングを図る術を持つ必要があります。

 

 

FX週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定は、ユーロ/米ドルと同じです。

今は、200EMAだけを表示しています。

 

5月10日(月)

<1時間足チャート>

はらみ足手法でも環境認識が必要だと感づいたのですが、1時間足のはらみ足手法を使う限り、環境認識を軸にしたトレードができないと思いました。

 

<1時間足チャート 拡大>

波の半値付近は上下に浮動しやすい。

このあたりはレンジになりやすいので、むやみにトレンドフォローを狙うよりも、レンジ形成を待ってレンジの内張りをするほうが良さそうです。

 

5月11日(火)

<1時間足チャート>

昨日レンジ形成を待っていた波の半値から下落。

1時間足の押し目買いゾーン(赤水平線)で、ダブルボトムを形成しました。

 

<5分足チャート>

5分足の下降波、最後の戻り高値をブレイクした後の安値試し。

安値を切り上げしそうな黄色〇あたりで、ロングエントリーできそうです。

※ユーロ/米ドルでトレードしていたので見送り。

 

5月12日(水)

<4時間足チャート>

先週足の高値ラインに到達。

※上図の茶色線(上)が先週足高値。茶色線(下)が先週足安値です。

ここからは戻り売りが入りそうです。

 

<1時間足チャート>

1時間足で強い上昇波が確認できます。

上位足の抵抗を受けて一旦下落するかもしれませんが、1時間足の上昇波半値付近では押し目買いも狙えそうです。

 

5月13日(木)

<4時間足チャート>

4時間足チャートでは、天井からの売りのN波(青線)が確認できます。

4時間足レベルの戻り売りが入るゾーンで、トレードしました。

 

<1時間足チャート>

上位足の売りゾーンですが、1時間足は上昇トレンドを形成しています。

押し目買いに警戒しつつ、黄色矢印間で売りトレード。

 

<5分足チャート>

 

4時間足レベルの戻り売り。

エントリー前、ダブルトップの右山が小さなダブルトップになっています。

1時間足は上昇トレンドですが、高値を更新できないと判断して売りエントリー。

 

1時間足の上昇波半値付近まで下がることを期待しましたが、エントリー後に二回ネックラインを抜けなかったので決済しました。

根拠のある決済なので、今回のトレードには納得です。

 

5月14日(金)

<4時間足チャート>

4時間足の下降N波、1時間足の上昇N波が重なっています。

どちらの波に乗るにせよ、基本は押し目買いと戻り売り。

押してきたら買う

戻ってきたら売る

を徹底します。

 

<5分足チャート>

来週のプランは

天井圏まで戻せば、4時間足の戻り売り。

1時間足の半値付近や、上昇起点まで押してきたら、1時間足の押し目買い。

 

 

最適なエントリータイミングとは?

今の自分の知識では

上位足の押し目買い・戻り売りのエントリータイミングを図るには

下位足(5分足)の、最後の押し安値・戻り高値をブレイクした後の試しを待ってエントリー

ネックラインブレイク後の試しを待ってエントリー

この2つが最適なタイミングを図るものだと考えています。

 

でも環境認識を根拠にトレードしていくなら、エントリータイミングの最適化は、それほど重要ではないというか

タイミングの最適化を図ろうとしたら、エントリーできなくなって、機会損失のほうが多いのではないかと思います。

その理由が、5月14日のポンド/米ドルと豪ドル/米ドルのエントリーできなかったシーンにあります。

 

最適を求めるとエントリーできない

5月14日(金)

ポンド/米ドル

<4時間足チャート>

黄色〇あたりでの押し目買いを検討したシーンです。

 

<1時間足チャート>

1時間足レベルの押し目買いが入るのは、赤枠ゾーンあたりだと考えていました。

 

<5分足チャート>

Wを認識することはできますが

僕が求めている「ネックブレイク後の試し」も「最後の押し戻しブレイク後の試し」もありません。

「このゾーンで押し目買いをしよう」と考えていたのですが、最適なタイミングを求めるあまり、エントリーできなくなってしまいました。

 

5月14日(金)

豪ドル/米ドル

<4時間足チャート>

赤い上昇N波の押し目買いを、黄色〇で狙っていました。

 

<1時間足チャート>

波が反転するのには、時間がかかります。

ラインに接した瞬間に反転するわけではありません。でもどこで入ったらいいのか?

 

<5分足チャート>

これも先程のポンド同様に、僕が求めるエントリーパターンは出現しませんでした。

 

そもそも、僕が求めるエントリーパターンを根拠にトレードしても勝てていないので、それが出来上がるのを待つべきなのか?

環境認識を根拠にしていれば、エントリータイミングは最高のポイントでなくても、それなりにいいと思えるゾーンでいいのではないだろうか?

 

答えは検証して、自分で出すしかない。

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.