週間チャート分析

FXでトレンドに「乗れない人」「乗り遅れる人」でも使えるエントリー方法

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年11月15日(月)~19日(金)のチャートを振り返り、その中で気づいたことや学んだことをトレード手法に取り込んでいきます。

紹介する通貨ペアは「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」です。

 

<今週のチェックポイント>

・1時間足チャート、4時間足チャートで「安値の更新」「高値の更新」があれば、トレンドチャネルを引いておく。(暫定でOK)

 

・トレンドチャネルの引き方

 下降トレンド:更新した安値から前回安値に引く(同様のラインを高値にコピー)

 上昇トレンド:更新した高値から前回高値に引く(同様のラインを安値にコピー)

 

・チャネルの上限下限に引きつけてトレードする。

 

 

上位足のトレンドに乗ることを考える

<チャート表示設定>

20EMA・・・緑ライン

80EMA・・・紫ライン

 

白い垂直な点線は、日本時間の朝6時です。

赤・青の水平線は各時間足の最後の押し安値(戻り高値)に引いています。

 

週間チャート分析(ユーロ/米ドル)

先週までの値動き

<4時間足チャート>

日足は下降トレンド。

4時間足でも、安値を更新して、下降トレンドが再開されました。

下降トレンド継続中で、今週が始まります。

 

11月15日(月)の値動き

<1時間足チャート>

1時間足チャートも下降トレンド。

最後の戻り高値に青線を引いていますが、しばらく使うことはなさそうです。

下降トレンド継続中のトレード方法には、トレンドチャネルを使うこともできますが、現時点でチャネルラインを引くには角度が急過ぎます。

もうしばらく様子見。

 

11月16日(火)の値動き

<1時間足チャート>

様子見です。

 

11月17日(水)の値動き

<1時間足チャート>

4時間足の最後の戻り高値が「太い青線」。

1時間足の最後の戻り高値が「青線」。

15分足の最後の戻り高値が「青点線」。

全ての時間足が下向きです。

仮に15分足の最後の戻り高値をブレイクしたとしても、売り圧力が強いので、すぐに買いを入れるのは難しい状況です。

 

狙いとしては

①15分足で上昇ブレイク(第1波確定)

②第1波となった上昇トレンドの最後の押し安値をブレイク

③売りの第3波でショート

と考えています。

 

11月18日(木)の値動き

<1時間足チャート>

15分足で上昇第1波が発生しました。

4時間足が下向き。1時間足が下向き。

15分足だけが上向きです。

 

<15分足チャート>

上位足が2つとも下向きなので、ここからすぐに上昇反転するのは難しいと考えています。

15分足の上昇1波を赤矢印で可視化。

最後の押し安値が赤い点線です。

この押し安値がブレイク崩されてから、上位足のトレンドと同じ方向の戻り売りを狙います。

 

11月19日(金)の値動き

<4時間足チャート>

昨日発生した15分足の上昇1波は、すぐに潰されました。

上位足のトレンドに逆らうのは危険です。

 

<15分足チャート>

15分足の最後の押し安値をブレイクした後、戻り売りが入っています。

戻り売りが入ったのは夜中2時頃。就寝中でトレードできていません。

上位足のトレンドに逆らう方向のトレードが難しいことが証明されたチャートでした。

 

 

週間チャート分析(米ドル/円)

テクニカル表示設定・チャートへの描写は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

先週までの値動き

<4時間足チャート>

大きな上昇トレンドの先端で、上昇1波が確定しました。

4時間足の最後の戻り高値をブレイクしたと見るには、ブレイクが浅いようにも見えますが、まずはブレイクしたという解釈のもと押し目買いを狙います。

 

11月15日(月)の値動き

<1時間足チャート>

1時間足の最後の戻り高値(青水平線)は完全にブレイクしています。

4時間足の最後の戻り高値(太い青水平線)のブレイクは浅い。(まだブレイクしていないとも考えられる。)

現在値は再び4時間足の最後の戻り高値に迫っているので、一旦様子見です。

 

11月16日(火)の値動き

<1時間足チャート>

4時間足の最後の戻り高値を上昇ブレイク。

その後、押しを作らずに急騰しています。

 

<15分足チャート>

「ブレイク後の試し」の形になることを待っていましたが、最後の戻り高値(太い青線)で揉み合った後、急騰しました。

4時間足で戻り高値をブレイクしたと見るならば、今は第1波。

(調整となる第2波では下がってくるので)押し目買いとなる第3波を待ちます。

 

11月17日(水)の値動き

<1時間足チャート>

20EMAが「山」を作って、押してきました。

4時間足レベルの押し目買いを狙うには、もう少し時間がかかりそうです。

 

11月18日(木)の値動き

<1時間足チャート>

上昇1波に最後の押し安値を引いておきます。

ここが崩れるまでは押し目買いを狙います。

 

11月19日(金)の値動き

<4時間足チャート>

最後の押し安値(赤水平線)まで押してきました。

 

<1時間足チャート>

厳密に見ると最後の押し安値をブレイクしたようにも見えます。

しかしここは大きな上昇トレンドの途中なので、買い優勢です。

今週はここまでですが、来週押し目買いを狙います。

 

 

トレンドチャネルを使えばトレンドに乗れる

テクニカル表示設定・チャートへの描写は、ユーロ/米ドルと同じです。

 

週間チャート分析(ポンド/米ドル)

1月17日(水)の値動き

<4時間足チャート>

4時間足は下降トレンドです。

安値を更新し、高値を切り下げています。

 

更新した安値から、起点となる安値にチャネルラインを引きます。

チャネルラインをコピーして高値にセット。これが下降トレンドラインになります。

※先にトレンドラインを引こうとすると、自分にとって都合の良いラインになってしまうことが多いです。

トレンド継続中なので、下降トレンドラインの反転からのトレードが本命です。

 

<1時間足チャート>

1時間足は上昇トレンドです。

※最後の押し安値(赤水平線)を少しブレイクしたようにも見えますが、「ヒゲ」だけのブレイクなので、まだトレンドが崩れていないという解釈をしました。

15分足で上昇第1波が確定しています。

 

<15分足チャート>

15分足の上昇1波が確定したので、押し目買いを狙います。

エントリータイミングは、下位足の5分足が転換したところです。

目標値は、下降トレンドチャネル上限です。

 

11月18日(木)の値動き

<1時間足チャート>

4時間足は下向き(下降トレンド)。

1時間足は下矢印(下降トレンド)と上矢印(上昇トレンド)が両立しています。

15分足で上昇1波が確定(上矢印)したので、押し目買いを仕掛けます。

 

<15分足チャート>

上位足に逆らう方向なので、目標値を決めた短期トレードとします。

 

11月19日(金)の値動き

<1時間足チャート>

下降トレンドのチャネル上限からの売りトレード。

 

<15分足チャート>

1時間足の下降トレンドは崩れていません。

15分足で下降1波が確定したので、戻り売りを狙います。

最後の押し安値(赤点線)をブレイクした後、2回上昇が失敗(Mトップ)になったところからショート。

 

<まとめ>

・トレンドに乗るためには、トレンドチャネルの上限下限に引きつける。

・チャネルの上限下限で、ブレイク1波を基準にトレードする。

・下位足のトレンドは、上位足のプルバック(調整波)になっていることが多い。下位足のトレンドに乗るなら要注意。

 

トレンドチャネルを使ったトレード方法については、下の記事でも紹介しています。

どこからどこまでトレンドに乗るのか?チャネルラインを使って見極める

続きを見る

-週間チャート分析

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.