FT3トレード手法検証

FX5分足トレード手法の検証『ダマシの値動きを見極める』

35歳サラリーマン

FX兼業トレーダーのヒョウゴです。

 

FX5分足トレード手法を完成させるために、FT3で検証トレードを重ねていきます。

 

トレード手法に関しては、こちらにまとめています。

【FXブレイクアウト手法】ボブ・ボルマンのパターンブレイク手法のやり方

35歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   自分のトレード手法を確立するために、フォレックステスター3を使っていきます。   基本となるのは、ボブ・ボルマンのパター ...

続きを見る

 

FX検証トレード

通貨ペア:米ドル/円

テスト時期:2018年1月

検証ソフト:フォレックステスター3

 

<検証結果>

1ヵ月でトレード3回だけ。

FT3で早回ししながらだと、自分のトレード手法に見合う場面だけでトレードできていますが、これが現実だとどうでしょうか?

今の僕の実力だと、焦って、セットアップが完成する前にもったいない損切りトレードを仕掛けてしまうかもしれません。

 

1ヵ月で3回のトレードでも、70pipsとれていたら十分だと思えます。

 

FX検証トレード1

<1時間足チャート>

黄色矢印間の買いトレードです。

1時間足100EMA(4時間足25EMA)である紫ラインを超えており、直上に上値抵抗となるようなものは見当たりません。

 

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク(+34.1pips)

ボックスパターンを形成し、「F」がダマシの安値です。

「F」をダマシと認定したのは、「F」以降の安値試しが、パターン枠下限で反転しているからです。(白点線〇の部分)

ダマシのブレイク後(ダマシだと思う値動きの後)、パターンの上限下限を試すことで、直前のブレイクをダマシだと認定します。

※ただパターンをブレイクした値動き全てをダマシだと考えるのではありません。正当なブレイク・ダマシのブレイクの他、ティーズブレイクもあります。

ダマシだと思う箇所の前後のプライスアクションを確認することが大事だと思います。

 

FX検証トレード2

<1時間足チャート>

黄色矢印での売りトレードは、損切りになりました。

仕掛けた位置の下に、1時間足100EMA(紫)が待ち構えています。

このあたりで決済を考えていたのですが・・・。

 

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク(-13.9pips)

「F」をダマシだと考えて、パターン下限のブレイクでショートしました。

「F」をダマシだと認定するのであれば、F以降の値動きでパターンの上限を試さなければなりませんが、そんなプライスアクションは確認できません。

 

つまり「F」はダマシとは認められないということです。

ならばブレイクアウトではなく、ブレイク後の試しを待ってエントリーしなければなりませんが、僕は検証時に「Fがダマシ」だと考えていたので、ブレイクアウトで仕掛けてしまっています。

こういったミスをどれだけ減らしていけるかが大事です。

反復練習によってダマシの見極め方を体に覚えさせるしかありません。

 

ダマシの後のプライスアクションを確認する

<5分足チャート>

ボックスパターンを認識したとします。

黄色〇の値動きをダマシだと考えたならば、ダマシの後は反対方向へのブレイクアウトでエントリーとなりますが、そうしたらこのような相場では損切りトレードを繰り返すことになります。

 

FX検証トレード3

<1時間足チャート>

黄色矢印間の売りトレードです。

セットアップの上に1時間足100EMAがあります。移動平均線が売りトレードを邪魔することはなさそうです。

 

次に、ローソク足をチェックします。

黄色矢印の斜め左下に気になるボックスがあります。(赤〇)

このように揉み合っているローソク足の集合体は、支持/抵抗の働きを持つので注意が必要です。

※移動平均線やローソク足の集合体がある方向には絶対トレードしないというわけではなく、反転する可能性があるので決済目標にします。

抵抗/支持がなくすんなりブレイクして突き進むなら保有。反転のプライスアクションが出るようなら決済するなど。

 

<5分足チャート 仕掛け>

セットアップ:パターンブレイク(+49.8pips)

ボックスパターンの中央にダマシの高値をつけています。

ダマシの高値の前後で、ボックスパターン上限をローソク足が試しているのが確認できます。

 

パターンブレイク前に揉み合ってクラスターを形成。

パターンブレイク前に、クラスターを試した後、ブレイクアウトでショート。

 

<5分足チャート 決済>

順調に利益が乗った後、1時間足チャートで警戒していた支持クラスターの下限あたりに到達したので決済。

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・ダマシの認定チェックポイント

 ダマシの後、パターンの上限(下限)を試していること。

(試していれば、ダマシと認定して、反対方向のブレイクアウトでエントリー可能)

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.