FT3トレード手法検証

【#4手法検証】上位足の第3波を使ったトレードなら含み益を伸ばせる

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

トレード手法の検証を進めていきます。

2015年7月、ユーロ/米ドルで検証します。

 

<チャート設定>

20EMA・・・緑ライン

80EMA・・・紫ライン

各時間足の最後の押し安値、戻り高値に水平線を引きます。

最後の押し安値・最後の戻り高値の選定には、ローソク足の値動きに加え、20EMAの曲線(山・谷を作っているか?)も考慮します。

同じ時間足で暫定で二本以上引くこともあります。

 

 

はらみの中のトレード戦略

サンプル1

<1時間足チャート>

1時間足の上昇波(赤矢印)のはらみの中のトレードです。

上昇波のはらみの中なので、売ったとしても、上昇波の起点までにします。

 

<15分足チャート>

 

<5分足チャート>

1時間足が上向きで、15分足の下降1波に対する戻り売りなので、上位足に逆らう方向へのトレードです。

1時間足のはらみの中であり、方向も違うので、目標値を決めた短期トレードとします。

 

サンプル2

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

 

<5分足チャート>

上位足に逆らう方向にトレードをする場合、目標値には最後の戻り高値(押し安値)に設定すると良さそうです。

戻り高値に到達するまでは強い抵抗(売り)は出てこないことが多いと思います。

 

サンプル3

<4時間足チャート>

 

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

15分足での反転後、もう少し上下に波形が出ていればエントリータイミングも取りやすいのですが、「スッと抜けた」ので見送りになりました。

ローソク足で波形を認識するときには、20EMAで「山・谷」が出てることが望ましいです。

 

 

第3波を狙うトレードで大きな利益を得る

サンプル4

<4時間足チャート>

4時間足の下降第1波を起点に、調整の第2波、強い推進波となる第3波までカウントできます。

 

<1時間足チャート>

「大きな第3波」の中に、小さな1波~3波が存在しています。

相場は、このようなフラクタルな構造でできています。

 

<15分足チャート>

上位足の第3波に下位足の第3波が重なる場合は、大きく伸びることが多いので、含み益を伸ばすことを狙います。

 

1波・2波・3波のカウントにも、移動平均線の20EMAの「山・谷」を使います。

細かすぎるジグザグを拾ってしまい、波の認識に戸惑うことがあるからです。

 

サンプル5

<4時間足チャート>

チャートの左端にある安値に注目。

日足で見ると、大きなWボトムになっています。

 

<1時間足チャート>

日足がWボトムのため、上昇1波が確定したのならば、短期的なトレードを仕掛けます。

 

<15分足チャート>

4時間足の第3波の後、1時間足で上昇1波が完成。

4時間足の20EMAも「谷」を作っていたので、第3波が終了し第4波の調整に入っていると考えられる。

上位足の第3波にぶつけるトレードは危険だが、それ以外なら目標値を定めた短期トレードが可能。

記事作成後に見返すと、この買いトレードは4時間足の下降第3波の途中で仕掛けたものであり、リスクが高いと判断できます。

これはやらないほうがいい。

 

サンプル6

<4時間足チャート>

 

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

推進波となる第3波は、第1波と同等かそれ以上伸びることが多いです。

そして上位足の第3波途中の同一方向のセットアップは、押し(戻り)がないまま伸びていくことも多いです。

⇒途中入りが難しいからこそ、上位足の第3波でエントリーできているなら、含み益を伸ばすことを狙うべきだと考えます。

 

<まとめ>

・「上位足の第3波」の中で、「下位足の1波~3波」が形成されたなら、大きな利益を得るチャンス!

入り直しは難しいから、しっかり含み益を伸ばす。

 

「含み益を伸ばすトレード」と「含み益を伸ばさないトレード」の違いは?

【#5手法検証】利確はどうする?含み益を伸ばす時と伸ばさない時の違いは?

36歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   ブレイク1波を基準にしたトレード手法の検証を進めていきます。 2015年8月、ユーロ/米ドルの相場です。   <チャート ...

続きを見る

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.