FT3トレード手法検証

【#5手法検証】利確はどうする?含み益を伸ばす時と伸ばさない時の違いは?

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

ブレイク1波を基準にしたトレード手法の検証を進めていきます。

2015年8月、ユーロ/米ドルの相場です。

 

<チャート設定>

20EMA・・・緑ライン

80EMA・・・紫ライン

各時間足の最後の押し安値、戻り高値に水平線を引きます。

最後の押し安値・最後の戻り高値の選定には、ローソク足の値動きに加え、20EMAの曲線(山・谷を作っているか?)も考慮します。

同じ時間足で暫定で二本以上引くこともあります。

 

 

 

含み益を伸ばす時

サンプル1

<4時間足チャート>

 

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

押し目買いプランを立てていましたが、エントリーのタイミングを掴めませんでした。

トレードの根拠を、最後の押し安値(戻り高値)を「ブレイクした1波の強さ」とするならば、エントリーパターンにはこだわり過ぎないほうがいいのかもしれません。

拘らないとしても、最低限のルールは設定しておきたいものです。

 

サンプル2

<4時間足チャート>

 

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

4時間足レベルの押し目買い(戻り売り)は、大きな利益を狙えます。

しかし4時間足レベルの第3波を狙うならば、第2波の終わりには時間がかかるので、下位足である1時間足で反転を待ちます。

エントリーのタイミングは15分足で計り、15分足の最後の押し安値(戻り高値)が崩れるまでは、ポジション保有で含み益を伸ばすようにします。

 

 

含み益を伸ばさない時

サンプル3

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

 

<5分足チャート>

上位足の方向に逆らうトレードは、目標値を定めた短期トレードとします。

目標値には最後の押し安値(戻り高値)ラインが使えそうです。

 

 

トレードルールの作り込み

サンプル4

<4時間足チャート>

「サンプル3」の売りトレードの後、下降が続きました。

この下降はずっと様子見していたのですが、4時間足レベルの押し目買いが入るまで、もっと細かく短期売りトレードを仕掛けられないものでしょうか?

4時間足の最後の押し安値が、太い赤水平線。

 

<1時間足チャート>

現状のルールだと、1時間足の最後の押し安値も、4時間足と同じ価格に引いています。

各時間足でラインが重複する場合は、現状は上位足の押し安値(戻り高値)と認識しています。

⇒ここの解釈を別のものとすることで、新たな考え方ができないか?

 

<1時間足チャート>

白枠ゾーンは、4時間足レベルの押し目買いを警戒したことからの「売りトレード見送りゾーン」です。

15分足の最後の押し安値が、赤点線。

4時間足の最後の押し安値が、太い赤線。

中間である1時間足で最後の押し安値を認識することができたならば

売りトレードとして「1時間足の下降1波」を認識することもできるはず。

⇒4時間足の押し目買いが入るまで、細かく売りトレードを仕掛けられるようになる。

 

 

<課題>

各時間足で最後の押し安値(戻り高値)が重なる場合、上位足の最後の押し安値(戻り高値)として認識する。

下位足の最後の押し安値(戻り高値)は、別のルールで認識するよう新たな基準を設ける。

トレード回数を増やすことで、トータルの利益を増やすことが目的。

当課題に取り組むことによって、トレード回数が増えてもトータルの利益が減るようならば、従来の見送りでOK。

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.