FXトレード手法、ルール

【簡単図説】誰でもできる「はらみ足ブレイク手法」のやり方

とうとう見つけました!

誰でもできる簡単なトレード手法を発見しました!

 

まだ手法確立の検証途中ではありますが、これから実戦で使いつつ、手法の完成を目指していきます。

 

2020年6月1日(月)

豪ドル/米ドル

<1時間足チャート>

白矢印間のロング。

1時間足が上昇トレンド。

1時間足のはらみ足を上ブレイクしたのち、次の足が高値を更新したところでロングエントリーです。

利確の指値は、はらみ足のセットアップと同じ値幅にセットしています。

 

今回のはらみ足ブレイクトレードは、FT3で検証中のトレード手法です。

勝率は高いのですが、今のルールだと、どうやってもリスクリワードが悪くなるので、実戦への本格投入をためらっているのですが・・・。

 

 

はらみ足ブレイク手法とは

手法を構築していくうえでのアウトプットです。

 

はらみ足ブレイク手法は、1時間足で形成したはらみ足を

ローソク実体がブレイクしたら、次のローソク足が極値(高値or安値)を更新したところでエントリーするものです。

ブレイクしたところでエントリーします。

損切りは、はらみ足(親)の安値or高値。

利確は、はらみ足(親)と同じ値幅分進んで先にセットします。

※下図は、手法改訂前のものです。

FT3の検証では、利確を「はらみ足(親)」の値幅と同じにすることで、高い勝率を保てるのですが、リスクリワードが悪くなります。

逆に利確ルールを変えると、利益確定できないまま勝率が下がる。

 

どんな場所でも、この形になれば仕掛けるわけではありません。

1時間足でトレンドがある場合に、はらみ足をトレンド方向にブレイクしたら仕掛けるようにします。

なので、1時間足のはらみ足をブレイクした方向に、4時間足の抵抗・支持がある場合などは、トレードを見送るようにします。

トレンドフォロー手法のうち、タイミングを計るものとして、はらみ足を利用します。

 

はらみ足ができるということは

買い注文 と 売り注文 がぶつかって均衡しているということだと考えられます。

つまり、いつも僕がやっているボルマンのパターンブレイク手法と同じように

はらみ足自体が、ブレイク前の圧力が高まっている状態

であるといえます。

 

ブレイク前に圧力が高まっているので、ブレイクしたらダブルの圧力がかかる

⇒ブレイク方向へのフォロートレードを仕掛けるようにする

という考え方です。

 

はらみ足ブレイク手法 参考例

以下、FT3の検証トレードです。

リスクリワードの悪さが欠点なので、初期損切が大きくなりすぎる場合は見送るなど、エントリー条件にフィルターをかけていかないといけないと思います。

 

トレンド方向のブレイクのみ仕掛ける

このチャートでは、下降トレンドです。

はらみ足を下ブレイクした場合のみ仕掛けるようにします。

ローソク足の終値実体が、はらみ足をブレイクしたら、次のローソク足が安値を更新したところで仕掛けます。

利確は、はらみ足(親)の値幅と同じだけ。

損切りは、はらみ足(親)の高値にセットします。

 

トレンドフォローが入りやすい場所で仕掛ける

相場は、下降トレンドです。

ダブルボトムをつけたネックライン付近で、はらみ足が形成されました。(〇印)

はらみ足を下にブレイクした次の足でショートします。

下降トレンドが継続中ですし、ネックラインからは売りが入りやすいです。

 

仕掛ける前に4時間足をチェックする

<4時間足チャート>

4時間足で見ると大きな上昇波と、プルバックの下落が認識できます。

ちょうど上昇波の半値付近です。

⇒押し目買いが入りやすい

 

<1時間足チャート>

4時間足で押し目買いが入りやすいゾーンに突入していますが、1時間足は下降トレンドです。

(〇印)

はらみ足ブレイクでショート。

損切りは、はらみ足の高値です。

 

仕掛けた後、1時間足でWボトムを形成しだしたので、撤退します。

4時間足の半値付近で、1時間足でWボトムをつけると、押し目買いがより入りやすくなると考えられるので。

 

はらみ足のセットアップよりも環境認識が大事

<4時間足チャート>

4時間足チャートを見ると、大きな上昇波の半値付近に位置していることが分かります。

(押し目買いが入りやすい位置)

 

ただ、4時間足でも認識できる下降トレンドなので、基本的に売りを狙います。

 

<1時間足チャート>

チャートの青水平線は、4時間足下降トレンドの最後の戻り高値です。

下降トレンドですし、最後の戻り高値からは、戻り売りが入りやすいです。

この位置でできたはらみ足を下ブレイクしたので、ショートします。

 

このような例を見ると、はらみ足ブレイクがどこでも通用しそうに見えますが、僕はベストケースのみ記載しています。

はらみ足ブレイクでも損切になるトレードもありますし

「はらみ足ブレイク」のセットアップが完成していたとしても、避けたほうがよい場合

があります。

 

エントリーパターン(セットアップ)が大事なのではなくて、あくまでそれはタイミングを計るものであり、環境認識こそ、一番重視するべきだと考えています。

 

この理論構築後、FT3で検証を重ねました。

その結果、この記事に書いているやり方に「3つの条件」を追加しなければ勝てないことが分かりました。

3つの条件を加えた「はらみ足トレード手法」の実戦結果は↓の記事に。

2021年3月1日~5日『FXはらみ足トレード手法』

35歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   2021年3月1日(月)~5日(金) ユーロ/米ドル・米ドル/円のチャート中心に、今週のトレードを振り返ります。   & ...

続きを見る

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.