FT3トレード手法検証

やっぱり環境認識なしではトレードで勝てない(はらみ足手法)

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

フォレックステスターで環境認識を必要としないトレード手法「はらみ足手法」を編み出せたと思っていましたが、やっぱり環境認識なしでは勝てませんでした。

 

 

2014年1月~5月 検証結果

はらみ足手法、2014年のユーロ/米ドルでの検証結果です。

33戦18勝15敗

-67pips。

これは30pips以内のセットアップ全てを含んだ結果です。

 

これに2013年検証で出した仮説「20pips制限ルール」を適用すると・・・

一応、プラスには推移します。

 

値幅ごとの勝率を出します。

21pips以上のセットアップでは勝率が50%を切っているので、使うべきではありません。

でも2012年までは30pips以内でやれば勝てるとふんでいました。

 

出た結果に応じてルールを改訂していくことで、一見、最適解であるトレードルールを出している(改善している)ように思っていましたが

それは間違いです。

 

出た結果に都合の良いルールに改訂し続けていれば、その時々に応じたいい結果はでるかもしれませんが、長期にわたって信頼できるトレード手法が完成するとは思えません。

 

2014年の検証途中ではありますが、このまま進めていっても意味がないのでやめます。

 

はらみ足手法20pips以下制限ルールにおいては

損益比率0.8%、勝率71%ならバルサラの破産確率においても1.3%と、それなりの結果は出ています。

でも根本的な問題として、僕自身が分かっていないんです。

はらみ足手法がなぜ勝てるのか?

どういう原理があるのか?

相場の値動きの真実を証明することはできないにしても、自分の中に仮説なしでは、その方法論が正しいと思う根拠すら説明できません。

僕には「はらみ足手法」がどうして勝てるのか分からないまま検証を続けていました。

出た結果に後付け説明をして。

いつかこの手法の正しさを説明できる時まで、このトレード手法は使うのをやめます。

 

 

再出発

今まで約1年間、このブログに書いたトレード手法は

1、ボルマンのパターンブレイク

2、パターンブレイクに200EMAを使う

3、ブレイク後の試し

4、はらみ足

と推移してきました。

 

いずれの手法も、「エントリーサイン」に特化したもので、上位足の状況を確認していません。

環境認識をしないと勝つのは難しいのではないか?

という考えはあったものの、環境認識という難しそうなものを避けて

どうにか簡単な「サイン」でトレードを簡素化できないか?

と模索し続けてきましたが、やっぱりだめでした。

 

トレードを諦めるということではありません。

ようやく確信が持てました。

 

環境認識なしでエントリーサインを追い求めていても、トレードでは勝てない。

勝つためには、環境認識が必要だ。

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.