FXトレード手法、ルール

5分足トレード手法で勝てない?200EMAを使えば勝てるようになる!

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

2021年、あけましておめでとうございます!

 

2020年4月からトレードを開始。始める前から検証を重ねて準備したトレード手法でしたが、ことあるごとに修正を続けています。

今回は、年末年始のFT3トレーニングで気づいたこと、トレード手法に組み込んだことを紹介します。

 

 

マルチタイムフレーム分析の落とし穴

上位足の方向に逆らわないようにして、下位足でエントリーする。

きちんとマルチタイムフレーム分析してトレードしているようでも、ここに大きな落とし穴があります。

 

FXで負ける理由は大きく分けて2つ。

①規律と一貫性がない

②波の認識のズレ

 

落とし穴は「②波の認識のズレ」です。

 

波の認識のズレ

トレンドフォローにおいて、波の認識のズレを図説します。

 

1時間足チャートを見て、上昇トレンドが発生していると仮定します。

トレンドフォローを仕掛けるのならば、1時間足の押し目。

プルバックの反転でエントリーするはずです。

 

FX教本によく書いているのは

「上位足の押し目買いを下位足でタイミングを計ってエントリー」

「上位足の方向性と下位足の方向性が一致したタイミング」

です。

 

これを図説すると・・・

本やネットにも、上図のような説明がなされているのを多く見ます。

 

たしかに、このようなベストケース(説明に見合うチャート・場面)は、いくらでも見つけられますが、このセットアップ全てでトレードしているとトータルで負けることになります。

なぜなら、このような説明には「波の認識のズレ」が生じているからです。

 

FX教本や説明する人が認識している波のサイズ = 読み手(あなた)が認識している波のサイズ

まず、これが成立しません。

 

チャート認識は、個人個人の視覚情報によるものです。

必ず個人個人の主観が入ります。

つまり人によって認識できる波形は違います。

 

そして次に厄介なことが

自分が頭で考えている波形 = 実際のトレードに使っている波形

これが成立していないことが多いです。

自分が「考えていること」と「やっていること」にズレが生じているのです。

 

波の認識のズレが生じる負けトレードがこちら。

5分足トレード手法で最も多い負け方。

上位足が上昇トレンドだから、下位足で上昇に転換したタイミングを計ってエントリー。

なのに自分がトレードした時に限ってトレンドが終了する。

人はすべての情報を平等に評価しません。(できません)

ベストケース(自分の考えに見合う箇所)のみを、評価してしまう傾向があります。

ある手法において、上手くいく場合のみしか見えなくなる。

 

1時間足が上昇トレンド、5分足も上昇に転換したのに、負けたトレードがあれば

そこから負ける要因やトレードを避けるべき根拠を追求します。

自分の負けトレードに、勝つためのヒントがあります。

 

 

勝てる5分足トレード手法は200EMAを使う

僕が見つけたのは、200EMAによるエントリーのフィルターです。

 

まず、1時間足を大きな波として捉えるのであれば、5分足は小さな波。

そして、15分足を中サイズの波と認識します

僕の場合は、「1時間足チャートで見る波形」と「5分足チャートで見る波形」でサイズが違い過ぎました。

※人それぞれの主観によるものです。僕の回答が読む人にとって最適なものかどうかは分かりません。

波のサイズ認識においては

「相場の方向性(1時間足)」「エントリーフィルター(15分足)」「エントリー用(5分足)」

の3つ確認することがポイントだと思います。

そして波形の方向性として、各時間足の200EMAを使います。

 

具体的には

5分足チャートに表示するテクニカル設定として

25EMA・200EMA・600EMA(15分足の200EMA)

の3つを表示させます。

 

基本的には、ボルマンのパターンブレイク手法を使います。

しかし、5分足チャートで形成されたセットアップのうち、以下のフィルターを介して負けるトレードを排除します。

 

<エントリーフィルター>

①5分足の200EMAに引きつけて形成されたセットアップであること

②5分足の600EMAにぶつけない方向のトレード

③1時間足の200EMAにぶつけない方向のトレード

 

この3つのフィルターを介すことで、波の認識のズレを極めて少なくすることができました。

 

 

200EMAを使ったトレード手法の要点

ボブ・ボルマンのパターンブレイク手法(セットアップ)に200EMAのエントリーフィルターを追加します。

 

◎5分足の200EMAに引きつけて形成されたセットアップのみエントリーする。

200EMAの上で買いトレード。下で売りトレード。

200EMAブレイク直後にセットアップが形成された場合は見送り。

異なる時間のチャートを見ていても、同じモノ(通貨ペア)を見ているということを忘れない。

200EMAに引きつけたセットアップのみ採用することで、波の認識のズレを解消させる。

 

◎買う時は、安値更新できていない事実+ローソク足の揉み合い

◎売る時は、高値更新できていない事実+ローソク足の揉み合い

ローソク足の揉み合いは、ビルドアップを指す。ハラミ足のコンビでも可。

 

◎パターンラインに沿って圧力が高まっていること。

◎W(M)ではなく、ヘッド&ショルダーの波形が望ましい。

WやMにパターンラインを引いている場合は、W崩れ・M崩れを狙われやすいから危険。

自分が攻める方向に都合の良い波形より(Wの右で買う、Mの左で売る)、反対勢力が攻めたけど失敗した波形の方が信頼できる。

 

◎15分足の200EMAをチャートに表示する。5分足で600EMAの表示設定。

◎5分足の600EMAにぶつける方向にトレードしない。

※大きな波(1時間足)と小さな波(5分足)の認識のズレを解消するため、中サイズの波も認識する。

 

◎1時間足の200EMAにぶつける方向にトレードしない。

 

◎セットアップがレンジ内(ブロック内)で、形成されている場合は見送り。セットアップ形成前からレンジになっている場合など。

 

200EMAの要素を加えることで、相場の方向性を変えるには小さすぎる波形(セットアップ)を取り除くことができます。

あくまで基本はトレンドフォローです。

適切にトレンドフォローするためには、波形の先端ではなく、押し目・戻り目を狙います。

そのためには200EMAに引きつけることと、上位足の200EMAに逆らわないことが重要だと考えています。

 

 

200EMAパターンブレイク手法のやり方

チャートのテクニカル表示設定について

<1時間足チャート>

黄色線・・・25EMA

緑線・・・・200EMA

 

<15分足チャート>

黄色線・・・25EMA

緑線・・・200EMA

 

<5分足チャート>

黄色線・・・25EMA

緑線・・・200EMA

紫線・・・600EMA

 

買うなら逆三尊、売るなら三尊

<1時間足チャート>

1時間足は25EMAに沿って下降トレンドで下落しています。

 

<5分足チャート>

200EMAに引きつけて形成したセットアップは、三尊の形になっています。

売る場合は、M(2つの山)ではなく、三尊(ヘッド&ショルダー)に代表されるような3つの山を形成しているセットアップのみでトレードします。

 

<1時間足チャート>

1時間足チャートで下降トレンド中に大きなプルバックが発生。

黄色矢印間の売りトレード解説です。

黄色矢印(上)、売りエントリーした箇所は1時間足チャートでリアルタイムに見ていると、ダブルボトムの底付近と見ることもできます。

⇒売り優勢の状況ですが、買い手の反撃が始まる場所でもあります。

 

<5分足チャート>

1時間足チャートでダブルボトムを形成しかけました。

が、上昇波は三尊の形を形成し、売りセットアップが完成しました。

買い手の反撃が始まる場所でもありますが、買い手が失敗した(上昇波が反転した)ので、売りを仕掛けます。

 

5分足トレード手法は15分足でも使える

自分が見るチャートの時間は何でもいいわけです。

チャート分析は個人個人の主観に左右されます。

だからこそ、自分が一番見やすいチャートを選べばいいだけです。

 

<1時間足チャート>

 

<15分足チャート>

僕の場合は「200EMAに引きつけて形成されたセットアップ」という共通項目のもと、5分足と15分足をエントリーに使います。

どちらのチャートにおいてもローソク足の終値が確定してから判断します。

 

<5分足チャート>

 

 

三尊変形型(アーチの縮小)

セットアップは、三尊・逆三尊だけでなく、その変形型もあります。

それがアーチの縮小です。

 

<1時間足チャート>

1時間足は下降トレンド。

下位足で長期移動平均線(200EMA)に引きつけるということは、大きなトレンド(上位足)の適切な押し・戻しの調整を待つことにもなります。

 

<5分足チャート>

パターンラインの起点から3つの山が徐々に縮小しているのが分かります。

このアーチの縮小もセットアップに使えます。

※アーチの縮小は3回縮小されるのを待つ。2回だとW・Mの右側で仕掛けてしまうことになる。

 

W・Mの右で仕掛けない

FX教本などには

「上昇するときはダブルボトム(W)があり、下降するときはダブルトップ(M)がある」

と記載されていますが、これは結果論です。

あくまで結果論であり、トレードには使えません。

 

誰が見ても分かりやすいダブルトップやダブルボトムは、逆にそのW/Mが崩れることの方が狙われます。

 

<5分足チャート>

Wにパターンラインを引いたセットアップです。

上昇中、200EMAに引きつけていて、ブレイク前の揉み合いがあるセットアップですが仕掛けていれば、振り落とされています。

 

しかし何事にも絶対はありません。

Wの右で仕掛けて勝つこともあります。

<5分足チャート>

Wの右で仕掛けて勝てる例です。

数学の公式のようにいつも同じ答えがでないことにトレードの難しさがあると思います。

何回もトレードして検証して

総合的に考えてどうなのか?

を、自分で答えを出すことが重要だと思います。

 

 

勝率100%のトレード手法はない

どんな手法でも、勝率100%がなければ、敗率100%もありません。

200EMAパターンブレイク手法は、200EMAに引きつけて、そこからの反転を狙うものです。

しかし200EMAが常に値動きを跳ね返すわけではなく、200EMA自体にそのような力があるわけでもありません。

200EMAも600EMAも貫通していくこともあります。

トレードに絶対的な正解はありません。

 

 

<1時間足チャート>

1時間足で下降トレンドを形成中。

トレンド方向に従う売りトレードですが、損切りになっています。

 

<5分足チャート>

自分のトレード手法に見合うセットアップが形成されたので、売りを仕掛けた結果の損切りです。

いつもこのやり方をして、総合的に「勝てている」から、このセットアップで売り続けます。

 

「規律」と「一貫性」を持ってトレードする。

その結果、トータルで「勝つ」「負ける」を検証していく。

これしか相場で生き残る方法はありません。

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.