FXトレード手法、ルール

FX5分足トレード手法『カウンターブレイク』のやり方

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

今回は、新トレード手法『カウンターブレイク』を使ったトレードを紹介します。

この手法には2通りのエントリーがあります。

①パターンのブレイクが失敗した時、反対方向へ仕掛ける

⇒パターンブレイクの失敗からエントリーする

②小さなN波が、大きなM(W)に跳ね返された時、反対方向へ仕掛ける

⇒Wの右側、Mの右側で、トレンド方向に仕掛ける

どちらもエントリー前にローソク足が揉み合っている(ビルドアップがある)ことが条件です。

 

 

パターンブレイクの失敗からエントリーする方法

2020年11月24日(月)

米ドル/円

<1時間足チャート>

【テクニカル表示設定】

緑・・・25EMA

紫・・・100EMA

茶色水平線・・・先週足の高値/安値

先週足の安値からの上昇がボックスパターン(白枠)を形成しました。

このボックスパターンを使って、買いトレードを仕掛けています。

1時間足の移動平均線EMA(25、100)をともに上回っているので、買い圧力が強いと判断できます。

買い圧力が強い相場なので、買いトレードを狙います。

 

<5分足チャート>

1時間足で確認できた上昇波が、ボックスパターンを形成。

 

ボックスパターンを形成した後、パターンを下にブレイクしましたが、失敗。

その後、反転上昇しています。

※そもそも買い圧力が強い相場なので、ボックスパターンで売りトレードは仕掛けません。

 

ボックス下部をブレイクした後、ブレイク起点で揉み合ってから上方向への反転上昇しています。

カウンターブレイク手法の手順としては

①ビルドアップが不十分なブレイクアウトを見送る

②ブレイクアウトの失敗を確認

(ブレイク起点で揉み合ってから、逆方向に抜ける)

③カウンターブレイクのエントリー

となります。

 

カウンターと銘打っていますが、仕掛ける方向は長期足のトレンドと同じです。

 

長期的なトレンドに逆らわない

カウンターブレイクという名称ですが、トレンドに逆らう方向のエントリーはしません。

 

<5分足チャート>

「何らかのパターンをブレイクした起点」は、「崩れると損切りが入る起点」でもあります。

【このボックスパターンで買いトレードを仕掛けない理由】

ダマシの安値がないので、ブレイクアウト後の試しを待つ必要がありました

しかしブレイク後の試しが入ったのは、5分足の25EMA(黄ライン)を大きく下回ったポイントであり、買い圧力が弱い状態です。

そのため、このセットアップでの買いトレードは見送っています。

「崩れると損切が入る起点」で揉み合っているので

下方向へのブレイクアウトは、ビルドアップがあるブレイクアウトになっています。

 

トレンドは1時間足の25EMAを見れば分かる

【テクニカル表示設定】

25EMA・・・黄ライン

300EMA(1時間足の25EMA)・・・緑ライン

 

<5分足チャート>

前回の事例は売りトレードで、5分足の300EMA(1時間足の25EMA)が上から下に落ちてきていました。

今回の事例は、買いトレードで、5分足の300EMA(1時間足の25EMA)が下から上に登ってきています。

 

上位足の移動平均線を見ることで、相場の方向性を簡単に判断することができます。

上位足で売り圧力が強い相場だから、下位足で売りトレードを仕掛ける。

上位足で買い圧力が強い相場だから、下位足で買いトレードを仕掛ける。

 

短期足(5分足)で失敗した値動きが、上位足(1時間足)の方向性に逆らうものならば

上位足(1時間足)のトレンドフォローを仕掛けるチャンスになります。

 

他の事例です。

<5分足チャート>

上図は、1時間足の25EMA(緑)が上から下向かっています。

長期的には下降トレンドで、一時的に平均値に戻ってきたところです。

 

短期足(5分足)の動きは、パターンの上昇ブレイクからの失敗(ブレイク起点で揉み合っている)。

これは上位足(1時間足)の方向性に逆らうもので、ブレイクが失敗したことで、上位足の方向に従う形になります。

黄色矢印の上で、カウンターブレイクのエントリーです。

 

 

カウンターブレイクのエントリー方法

もう一つのカウンターブレイクのやり方です。

前項では、パターンブレイクと絡めてエントリーする方法を紹介しました。

 

次に紹介するのは、もっとシンプルにトレンド継続方向に仕掛けるやり方です。

波のサイズに注目します。

 

小さなNと大きなM(W)を使うやり方

<5分足チャート>

大きなM(青点線)に対して、小さな上昇N(赤点線) をチャートに描写しています。

サイズ別に波(値動き)を認識します。

 

短期的な上昇(N)が、長期的な下降(M)に跳ね返されたところでエントリーします。

このやり方でも長期的なトレンドには逆らわないこと、トレンド相場であることが条件です。

エントリー地点で1時間足の25EMA(緑)は横向きですが、チャートの左端を見ると、上から落ちてきているので、下降トレンドであると認識できます。

1時間足の下降トレンドの最後の押し安値も崩れていません。

 

ピンチはチャンスになる

<5分足チャート>

FXにおいては、自分にとって都合の良いタイミングを探すよりも

他者にとって都合の悪いタイミングを探す方が、自分にとって良い場合が多いです。

(他者の)ピンチは、(自分の)チャンス になります。

 

上図は、チャートの最高値からの下降波を青点線で描写しています。

この下降波が追い詰められたところが、(他者の)ピンチです。

FXで勝つコツは「いかに後出しじゃんけんできるか?」

じゃないかと最近思うようになりました。

 

<5分足チャート>

ただのWだけで仕掛けない。

上昇時に買うなら、売り手が追い詰められたところを探します。

この場合は、Wの中に、下降N(青点線)が隠れています。

 

上昇トレンドの時に買いたいなら

上昇トレンド中に売ってくる人が出てくる(下降波が発生する)のを待つ。

その後で、下降波が跳ね返されるところにカウンターブレイクを仕掛けます。

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.