FT3トレード手法検証

5分足トレード手法を検証『正当なブレイクとダマシのブレイク』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

FX5分足トレード手法の検証を進めます。

今回の相場は、2017年9月の米ドル/円です。

検証ソフトは、フォレックステスター3を使用しています。

 

5分足トレード手法については、こちらの記事を。

【FXブレイクアウト手法】ボブ・ボルマンのパターンブレイク手法のやり方

35歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   自分のトレード手法を確立するために、フォレックステスター3を使っていきます。   基本となるのは、ボブ・ボルマンのパター ...

続きを見る

 

FX5分足トレード手法の検証結果

2017年9月の検証トレード実績は以下のようになりました。

総トレード回数 8回

5勝3敗 勝率62.5%

月間獲得pips数 141pips

前回の検証から、パターン分析は「斜めの線」よりも「四角の枠」の方が信頼できることが分かりました。

それでは、検証トレードを振り返っていきます。

 

 

FX検証トレードの考察

5分足テクニカル表示設定

黄曲線・・・25EMA

緑曲線・・・300EMA(1時間足の25EMA)

茶色水平線・・・先週足の高値/安値

 

FX検証トレード1

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

パターン:フラッグ(三尊)

結果:負け(-12.2pips)

 

「斜めの線」でパターン認識するのは難易度が高いので、よっぽど分かりやすい形でない限り見送る!

と、前回決めたはずなのに、さっそくやってしまいました。

斜めのフラッグで、ダマシの高値を確認。

パターンを三尊とみて、ブレイクアウトでショートエントリーしましたが、直後に反転上昇し、損切りになりました。

振り返ると、三尊になるためには、右肩が形成されていないことがわかります。

こういう損失を月に2・3回減らせるだけで、月間成績も大きく変わってくると思います。

 

FX検証トレード2

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

パターン:ボックス(三尊)

結果:勝ち(+45.1pips)

 

前回トレードの反省を踏まえ、四角の枠でパターン認識。

ダマシの高値をつけた三尊、右肩も形成されていることを確認。

 

ダマシの高値があるので、枠のブレイクと同時にショートエントリーを狙っていましたが、ブレイク前にビルドアップ(もみ合い)がなかったので、一旦、仕掛けは見送りました。

ブレイク後に揉み合って適切にビルドアップされたので、再ブレイクしたところで、エントリーです。

 

決済は、5分足下降トレンドの最後の戻り高値から約30pips伸びた先の反転。

(早回しでない現実では、このチャートになった場合には、ダブルボトムの右側で利確してしまいそうです)

 

FX検証トレード3

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

パターン:ボックス

結果:勝ち(+32.8pips)

 

300EMA(1時間足の25EMA)の下で、ボックスを形成。

ボックス上部で揉み合って、テクニカル的な支えとなるクラスターを形成。

ボックスブレイク、300EMAを超えてから、緩やかなプルバックでクラスターを試したので、ロングエントリー。

これも、5分足上昇トレンドの最後の押し安値から30pips以上伸びた先の反転で決済。

 

パターンブレイクプルバックの場合は、クラスターの少し下(上)に損切をセットするといいです。

 

FX検証トレード4

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

パターン:ボックス

結果:勝ち(+35.6pips)

 

四角の枠でパターンを形成、プルバックがクラスターを試す形は、勝率が高く信頼できるセットアップです。

もうこれ以外しないほうがいいのかもしれません。

このチャートでは、テクニカル的な抵抗となるクラスターがパターン内に形成されています。(白点線枠)

 

【3種類のパターンブレイクプルバック】

①パターン内にクラスターがあり、パターンをブレイク前に、試して反転

②パターン内にクラスターがあり、パターンをブレイクした後、試して反転

③パターン外にクラスターがあり、パターンをブレイクした後(パターン外でクラスターを形成した後に)、試して反転

 

FX検証トレード5

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

パターン:フラッグ(三尊)

結果:負け(-7.8pips)

 

もうやめよう!

フラッグパターンのパターンブレイクセットアップは使わない!

斜めの線フラッグを使ったトレードは、利益よりも損失の方が、明らかに多い!

 

FX検証トレード6

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

パターン:ペナント

結果:勝ち(+27.4pips)

 

フラッグのパターンは今後トレードに使用しないと決めたけど

斜めの線と水平線はどうしようか?

斜めの線で、クラスター形成して、パターンブレイクプルバックの形になったらどうしようか?

これは、今後の課題として保留。

一旦、四角の枠だけで検証トレードして、トレード手法を確立することに努めようと思います。

 

ブレイクアウトトレードで損切りを減らす方法

<5分足チャート>

自分が前によく損切りトレードになっていた形なので、紹介します。

何らかのパターンを形成した後に、急激に上昇したり下降した場合、強い値動きは、ついつい追いかけたくなります。

でも、自分が追いかけた瞬間に反転して、損切りになった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

 

正当なブレイクは、ブレイク前にしっかり準備されています

①テクニカル的な試しとなるクラスターがあり、クラスターを試した後の反転(2回目のブレイク)

②ブレイク前に、逆方向にダマシの高値(安値)をつけている(1回目のブレイク)

この2つのチェックポイントを設けるだけで、FXの損失は大きく減らせるのではないでしょうか?

 

はらみの中のレンジトレード

<5分足チャート>

これも避けた方がいいトレードの紹介です。

チャートの左端に上昇波が確認できます。

チャート中央の四角枠、ボックスパターンを認識できますが、ここは上昇波のはらみの中です。

はらみの中では

はらみの下限から買い圧力、はらみの上限からは売り圧力がかかり

レンジになりやすいという特徴があります。

※中央のレンジ枠を抜けた後も、上下に浮動しやすいです。

 

そのため、はらみの中でレンジブレイク後のトレンドフォローを仕掛けても損切になることが多いです。

※大きなはらみ足の中で、トレードするための値幅が十分あれば、別ですが。

 

5分足でトレードするなら、はらみの中のトレードは見送ったほうがいいです。

 

トレードで怪しいと思うチャートパターンは見送るようにします。

トレードを見送ることで、得られた利益を失うこともありますが、それ以上に、回避できる損失のほうが大きくなります。

 

FX検証トレード7

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

パターン:ボックス

結果:負け(-9.6pips)

 

トレードを見送り続けた、次のトレードで負けると、感情的になってしまいがちです。

なかなかトレードができていない時に負けたら、その後、運試しトレードをしてしまう経験ありませんか?

ボックスの中央で、ダマシの安値をつけたように見えましたが、逆三尊として見るには、右側の肩が不十分ではないか?と考えられます。

 

FX検証トレード8

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

パターン:ボックス

結果:勝ち(+29.7pips)

 

結局、ボックスパターンでブレイク後の試しを待つ方法が、一番信頼できます。

もう僕ぐらいのレベルなら、これだけに絞った方がいい結果が出るような気がします。

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・斜めの線のトレードは、見送り

 見送った箇所を記録して、もっと勝てる条件設定を考える

・ダマシの認定は、三尊(逆三尊)の右側の肩がしっかり形成されているか確認

・四角の枠、ブレイク後の試し パターンブレイクプルバックを柱にトレードする

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.