FT3トレード手法検証

FX5分足トレード手法の検証『当たり前のことをやり続ければ勝てる』

35歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

5分足トレード手法の検証を進めていきます。

トレード手法はこちら↓

【FXブレイクアウト手法】ボブ・ボルマンのパターンブレイク手法のやり方

35歳サラリーマン 兼業FXトレーダーのヒョウゴです。   自分のトレード手法を確立するために、フォレックステスター3を使っていきます。   基本となるのは、ボブ・ボルマンのパター ...

続きを見る

 

 

FXトレード手法の検証

検証ソフト:フォレックステスター3

通貨ペア:米ドル/円

時期:2017年11月

5分足チャートテクニカル表示設定

25EMA(黄)

300EMA(緑)・・・1時間足の25EMA

 

1時間足チャートテクニカル表示設定

25EMA(緑)

100EMA(紫)・・・4時間足の25EMA

 

月間成績(検証トレード)

2017年11月はセットアップ形成途中で一気に値が動くなどして、見送るトレードが多かったです。

途中、10日ほどトレードチャンスがない場面もあり

「現実だとこういう待っている期間、トレードができない時に、無駄なエントリーで損切りしているんだなぁ」

と思い返すこともありました。

改めて、早送りができるFT3で完勝しない限りは、現実で勝ち切ることは難しいと思いました。

 

FX検証トレード1

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

結果:勝ち(+17.7pips)

 

ボックスを形成し、ダマシの安値をつけて、逆三尊が完成。

揉み合った後のブレイクアウトでエントリー。

 

FX検証トレード2

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイク

結果:勝ち(+34.5pips)

 

先程のトレード同様に、ボックスパターンからのダマシの安値、揉み合いの先のブレイクアウトでロング。

仕掛けた直後に上昇した後は、クラスター(黄枠)を再度試しに落ちてきました。

ギリギリ損切にひっかることなく再上昇。

5分足のトレンド波として捉え、最後の押し安値から30pips以上伸びたので、反転したところで決済です。

 

FX検証トレード3

セットアップ:パターンブレイクプルバック

結果:負け(-11pips)

 

パターンをボックスと認識。

ボックス下部の揉み合い(クラスター形成)からのブレイクアウト。

揉み合った箇所(黄枠)を試した後の反転で売りエントリーし、安値を切り上げながら反転してきたので、損切りです。

 

はらみの中のセットアップは見送って損切り回避

<5分足チャート>

前回の検証でも出てきたパターンです。

下降波(青点線)のはらみの中で、セットアップを形成。

はらみの中では、上限と下限から売買圧力がかかるので、中心のボックスを抜けた後にも上下に浮動します。

そのため、はらみの外に出る前トレードは見送るべきです。

 

未完成なセットアップではトレードしない

<5分足チャート>

今回の検証月は、上のチャートのように、セットアップが完成する前に動きだすことが多かったです。

仕掛けられない状況が続くと、無理矢理にでもトレードしたくなります。

僕の場合は、水平な枠でトレードすると決めているのに、ついつい斜めの線を引いて、仕掛ける理由を探していました。

完成したセットアップだけでトレードしたら勝てる。

未完成なセットアップを追いかけだしたら負ける。

検証トレードを重ねて、体に徹底的に覚えさせます!

 

FX検証トレード4

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

結果:勝ち(+27.5pips)

 

ボックスパターンを形成し、ボックス下部でクラスターができた(黄枠)。

ブレイク後の試しで反転したので、売りエントリーし、5分足の最後の戻り高値から30pips以上伸びた先で決済です。

 

未完成なセットアップでトレードすると負ける

トレードを見送った箇所です。

ボックスパターンを形成し、売りを狙っていました。

ダマシのないパターンなので、仕掛けるならばブレイクアウトについていかずに、ブレイク後の試しを待ちます。

今回見送た箇所、ボックスのブレイクアウトで下がる値動きを追いかけていたら、その後のプルバックで損切になっています。

 

完成したセットアップだけでトレードする。

セットアップが完成するまで待ち続ける。

トレード手法どおりのことだけをやる。

勝つためには特別な知識や技が必要なのではなく、こんな当たり前のことをやるだけでいいいのかもしれません

 

FX検証トレード5

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

結果:勝ち(+8pips)

 

ボックスパターンを形成し、ボックス内にクラスターがあり(黄枠)、ボックスを上ブレイクしたことで、5分足300EMAを上抜きました。

※5分足300EMA=1時間足25EMA

 

ローソク足が300EMAの上に浮上したので、買いトレードが可能になり、ブレイク後の試しを待ってロングです。

 

<1時間足チャート>

先程の買いポジションを長く保有したのですが、そんなに上昇しませんでした。

このトレードの位置を1時間足で見ると、大きな下降トレンドの途中です。

このように上位足のチャートを見ると、そら上には行きにくいだろ!と思えます。

短期的な5分足トレードでは、下降からの上昇反転ですが、長い目で見るとまだまだ売り圧力が強いことが分かります。

 

FX検証トレード6

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

結果:負け(‐12.5pips)

 

ボックス内の黄色枠をクラスターと認識し、ブレイク後の試しでロングしました。

結果は、損切りです。

ボックス全体(白枠)のサイズに比べると、クラスター(黄枠)のサイズが小さく、支えるには頼りない感じがします。

このサイズ感の見誤りが敗戦要因だと考えます。

 

FX検証トレード7

<5分足チャート>

セットアップ:パターンブレイクプルバック

ボックス内にクラスターを形成。

今回は、「ボックス全体のサイズ(白枠)」と「クラスターのサイズ(黄枠)」のバランスがとれているといえます。

ボックス上ブレイク後、プルバックがクラスターを試して反転したところで、ロングエントリー。

 

<エントリー後 5分足チャート>

順調に上昇した後、5分足の最後の押し安値から30pips以上伸びた先の反転で決済。

結果:勝ち(+42.6pips)

 

<1時間足チャート>

エントリーした箇所が黄色矢印(下)

決済した箇所が黄色矢印(上)

エントリー位置は、1時間足100EMA(4時間足25EMA)を上に抜いた後です。

4時間足の25EMAを上抜いている

4時間足の下降トレンド最後の戻り高値(表記していない)も超えている

これも買いトレードをするうえで、良い条件と言えます。

 

【FX5分足トレード手法まとめ】

・セットアップが完成してからトレードする

・未完成なセットアップは見送る

・当たり前のことをやり続ける

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.