FT3トレード手法検証

はらみ足手法 復活

36歳サラリーマン

兼業FXトレーダーのヒョウゴです。

 

前回のフォレックステスター検証で崩壊した「はらみ足手法」ですが、手法ルールを改訂することで持ち直すことができました。

 

 

はらみ足手法のルール改訂

前回の検証トレードで、1年間の合計成績がマイナスに沈みました。

自分が「はらみ足手法」で揃えたルールが適切なのか?

改めて見直すことにしました。

 

<ルール改訂>

〇継続するルール

〇はらみ足(親)は、ローソク実体がメインであること。

〇はらみ足(子)のローソク実体は、はらみ足(親)のローソク実体の半分以下であること。

〇はらみ足のセットアップの値幅は30pips以内であること。

 

×やめるルール

×はらみ足のセットアップ形成前は、ローソク足数本が小さく、上下の値動きが少ないこと。

×一方に進みすぎている先に形成されたセットアップは見送ること。

 

自分の裁量で判断していることが、プラスになっているのか?

もしからしたら、自分の裁量判断こそ、手法の成績安定を妨げているのではないか?

手法には自分の感覚を言語化(明確化)できているか、もしくは排除することが望ましいと思っています。

 

 

2013年の相場で再検証

前項のルール改訂を適用して、再度検証してみました。

 

結果がこちらです。

今まで見送っていたセットアップを含むトレードになるので、今までよりもトレード回数は増加します。

 

114戦66勝48敗

勝率 57%

98pips(29,400円)

最大3万通貨でトレードしているので、証拠金を20万円と仮定した場合、年利は14.7%です。

 

勝率の低さが気になります。

完全復活とは言えませんが、ルールを改訂したことで同じ手法でもプラスに浮上しました。

 

そしてはらみ足手法において、もう一つ大事なことがあります。

それは高勝率を活かすために、セットアップの値幅に応じて、取引枚数を変動させることです。

(以前は30pipsまでを3万通貨、31~40pipsを2万通貨、41~60pipsを1万通貨など)

 

現状のセットアップ値幅30pips以内のルールがあるので

仮に「0~20pipsを3万通貨」、「21~30pipsを2万通貨」にしてみようと計算したところ

現状の全トレード3万通貨よりも、好成績になりました。

 

この結果が意味することは、「21~30pipsのセットアップ」の成績が悪いということです。

もう一度、値幅管理も見直してみます。

 

 

トレード手法と値幅管理

今までは「0~30pips」の値幅は、まとめて勝率を出していましたが変更します。

「0~20pips」「21~30pips」で細分化して勝率を算出。

 

<セットアップ値幅ごとの勝率調査>

そもそもルール改訂をしたのが2013年検証からなので、上の調査が信頼できるものだとはまだ言えません。

2014年以降は、2013年検証と同様のルールでトレードを重ねて、信頼できるデータに仕上げていきます。

(ルール改訂があったので、一旦2013年を1年目として表を作り変えます。)

 

 

値幅ごとの勝率を見ると、20pips以内のセットアップに限定したほうが良さそうです。

<セットアップを20pips以内に制限>

これが2013年だけの特殊な結果なのか、2014年以降の検証を通して判断します。

 

このトレード手法では、自分の裁量判断を除いて機械的に行いたいので

上位足の環境認識

というフィルターは使わないようにします。

まずは、「0~20pipsの値幅でルールに適合するセットアップ」に限定してトレードします。

※検証では21~30pipsの値幅のセットアップでもトレードして、判断材料にします。

 

これが最適解ならいいのだが・・・。

-FT3トレード手法検証

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.