FXトレード手法、ルール

FXで負けている人がトレードルールを守れない理由

FXで負けている人は、なぜトレードルールを守れないのか?

トレードルールを守れない人が、負けるのか?

 

勝っている人は、トレードルールを守っていると聞きます。

トレードルールを守って、FX勝ち組になるために

トレードルールを破ってしまう原因を解明して、対策を練ります。

 

 

2020年4月1日からの挑戦において、初戦となった4月3日(金)のトレードで早くもルール違反を犯してしまいました。

 

簡単な流れとしては

①トレードルール無視のエントリー

②損切後のドテンエントリー

③損切注文にヒットする前に過ちに気づいて、手動損切決済

④2連敗の損切を取り返したい気持ちが爆発

⑤他の通貨ペアのセットアップに気づいて、遅れてエントリー

⑥含み益が出るも、連敗の損失を大きくカバーしたかったので利確せず。

⑦逆に含み損が出る。もう損切できない。

⑧週マタギのポジション持ち越し

4月5日(日)週明けの含み益を祈る!

↑今ここ!

 

 

①トレードルール無視のエントリー

これを解決するのは、自分のトレード手法をもっと明確にシンプルにします。

やるべきことを決めていきますが、いざ本番でできないことが多いことに気づいたので、もっと簡単なルールにします。

対策:高値(安値)を2点結んだ先で揉み合ったブレイクアウトのみで仕掛ける

※5分足の波の反転を狙うなら、最後の押し安値(戻り高値)は必ずラインを通す。

 

 

②損切後のドテンエントリー

①のシンプルなトレードルールだけで仕掛けるならば、ドテントレード自体がありえない。

 

③損切注文にヒットする前に過ちに気づいて、手動損切決済

これも、①の仕掛けルールどおりにできたなら、損切りになる時は、損切注文にヒットするまで待てる。

 

④2連敗の損切を取り返したい気持ちが爆発

連敗すると、どうしても取り返したくなる。

対策:トレードは1日2回目までとする。2連敗したら、PCを閉じてお酒を飲む!

PCを閉じても、スマホでトレードしかねない。

大好きなお酒という快楽で、イライラを吹き飛ばす。

敗戦トレードのチャート保存、振り返りは翌日にスクショして行うので、当日は何もしなくていい。

(そもそも、一晩寝れば、強い怒りもたいてい収まっているものだ)

明日の自分に期待する!

 

⑤他の通貨ペアのセットアップに気づいて、遅れてエントリー

そもそも①の対策どおりのトレードが仕掛けられたならば、他通貨ペアはのぞき見することもない。

自分が今トレードしている通貨ペアのみの監視となるので、これも①対策でOK。

 

⑥含み益が出るも、連敗の損失を大きくカバーしたかったので利確せず

④の対策でOK。

今後、連敗の損失が出ているとき、僕はお酒を飲んで忘れている。

思い返せば、1日に何連敗かして怒り狂っていても、翌日になれば

「なんであんな無駄なことをしたんだろう?」

と冷静になれているものだ。

 

⑦逆に含み損が出る。もう損切できない。

⑥の流れを汲む問題。

⑥が防げているなら、そもそも⑦は起こらない。

 

⑧週マタギのポジション持ち越し

これも、⑥→⑦→⑧となる流れ。

大きく取り返したいと思うあまり、決済ルールを見失っている。

大きく取り返したい(大きく負ける)、つまり連敗した日は、お酒を飲むなりして、ストレス解消することで、こんなバカなことはしなくなるはずだ。

 

 

僕のトレードルール違反は、仕掛けの間違いが原因

以上のことから、僕のルール違反は、そもそもトレード手法を自分自身が理解できていないことに大きな要因があると分かりました。

まずは、簡単な仕掛けのルールだけ守るようにします!!

そして、2連敗したらお酒を飲んで、明日の自分に期待する!!

 

p.s.

明日、ユーロドル下がっていて下さい・・・。

週マタギのポジション

ユーロ/米ドル

1.18113売り

1.18380まで上がれば損切りです・・・。

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.