FXトレード手法、ルール

5分足で勝てるエントリーパターンの探し方

2020年4月24日(金)

トレードなし

4月累計 +96.4pips

 

今週は、レンジ相場の上限下限からの売買がうまくいきました。

相場全体が見えるようになってきたのかもしれません。

 

「セットアップの精度」と「セットアップができた位置」

2020年4月24日(金)

ユーロ/米ドル

<4時間足チャート>

赤矢印の上昇波の半値付近でサポートあり。(赤水平線)

 

<1時間足チャート>

1時間足は下降トレンドです。

途中レンジを形成してから、再度、下降。

4時間足の押し目買いラインの攻防を、5分足で見てみます。

 

<5分足チャート>

4時間足の押し目買い候補となるライン上で、売りのセットアップ(白〇のところ)を形成しました。

これは、ブレイク前のビルドアップもありましたが、売りサインができる位置が悪いと考えました。

 

4時間足レベルの押し目買いが入る位置なので、少しブレイク(下に)した後に反転するかもしれないので、見送りです。

逆に、4時間足レベルの順張りとなる「買い」(黄〇)を狙っていたが、入れず。

もうちょっと揉み合うのを待とうと考えてたら、急上昇したので、これも見送りです。

 

適切なブレイクに至るビルドアップ(どこまで揉み合えばよいか)を測る数値はないと思います。

測れるのはチャートを見る自分の目しかない。

最近思うのは

ボルマンの本に記載されているパターンブレイクの解説チャートよりも不十分なビルドアップでも、実際の相場では使えるのではないか?

サインの精度よりも、そのサインがどこでできているか?

全体を支配する方向に逆らっていなければ、綺麗なサインじゃなくてもいいのでは?

これには、まだ検証数が足りていないので、今後のチェック項目とします。

 

他、週末の通貨ペアで

セットアップの精度とセットアップの位置 について見てみます。

 

レンジ相場と斜めのライン

4月24日(金)

ポンド/米ドル

<4時間足チャート>

紫の水平線(二本)は、先週足の高値と安値。

現在は、先週足の安値を下にブレイクしたあたりです。

 

<1時間足チャート>

先週足の安値をブレイクした後、下降トレンドは継続しているが、ローソク足の重なりが多いレンジ相場になっています。

ローソク足の重なりが多いところは、本当にトレードが難しい。

嫌な記録、思い出しかないです。

 

ただ、レンジ相場であっても、斜めの線(トレンド時に使える)は引けます。(引こうと思えば)

レンジ相場において、斜めの線を使ったトレードで無駄な損失を出すことが過去多かったと思います。

 

<5分足チャート>

レンジ相場で、「トレンド相場で使う斜めの線」でトレードしてると、無駄な損失を出すことが多いです。

このチャートでは、白〇から約40pipsほど下落しているが

だからと言って、このようなチャート全てで仕掛けていると、全体では利益よりも、損失の方が多くなると思います。

 

大陽線や大陰線のサイン足は避ける

仕掛ける方向性があっていれば、なんでもいいわけじゃない。

 

4月24日(金)

豪ドル/米ドル

<4時間足チャート>

先週足の高値(紫水平線)付近であり、上昇波の途中でレンジを形成しています。

 

<1時間足チャート>

レンジ相場なのでセオリーは

レンジ上限からの売り

レンジ下限からの買い

となります。

レンジ上限を5分足で見ると

 

<5分足チャート>

セオリーなら、レンジ上限からの売りとなります。

白〇での売りは、方向性はあっているが、サイン足が適切ではないです。

リアルタイムでチャートを見ていると、力強い足には惹かれて、追いかけたくなります。

 

が、サイン足が大陽線(大陰線)になっているのは、避けた方がいいです。

これも仕掛けの直後は含み益が出ていますが、その後反転しています。

※反転している箇所までのスキャルピングの売りのトレード手法、ルールに基づいているならいいと思うけど、僕にはその手法はない。

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.