FXトレード結果

【損切り設定の極意】〇〇pips以上ならトレードしないほうがいい?

2020年5月7日(木)

0勝1敗

-24.6pips

5月累計 -42.2pips

4月の利益を吐き出すような3連敗。

これは、たまたま続いた敗戦ではなく、自分のトレード手法、ルールに警鐘を鳴らされているように感じます。

 

初期損切が大きいと逆張り勢に狙われやすい

5月7日(木)

ユーロ/米ドル

<1時間足チャート>

1時間足は下降トレンドです。

白い枠で、下降トレンドからのレンジになったと見ていました。

白いレンジ枠の下限の黄枠ブレイクでトレードしました。

 

<5分足チャート>

レンジ下限の揉み合いブレイクでショート。

レンジ=白枠、下限の揉み合い=黄色枠

 

白矢印で売りトレードしましたが、黄色枠ブレイク後に即反転して損切りとなりました。

この時、初期損切は、約25pipsです。

振り返ってみると、白枠レンジの下限で揉み合っていないようにも見えます。

※自分が枠を描くと、レンジとレンジ下限の揉み合いにしか見えませんが。

 

仕掛ける時に、初期損切が20pipsを超えているのは分かっていました。

分かっていたのですが

「乗り遅れたくない」

という気持ちでショートエントリーしたような気がします。

 

4月の僕の利確時の平均値幅が25pipsでした。

僕の平均利益と、今回の初期損切を比較すると

リスクリワードが、1.0です。

この場合、勝率50%を切ると、どんどん損失が膨らんでいきます。

 

初期損切幅の設定値自体に正しい値幅はないと思いますし、正解は分かりませんが

自分のトレード手法、利確方法からは

初期損切が20pipsを超えるものは絶対にトレードしてはいけないことだけは分かります

 

自分のトレード手法は、自分だけにしか作れないのであれば

自分が決めたことだけは、しっかり守っていこうと思います。

-FXトレード結果

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.