FXトレード手法、ルール

【デイトレード】1時間足トレンドフォローのやり方

デイトレードのおすすめトレード方法は、1時間足トレンドフォローです。

1時間足のトレンドフォローで、エントリーに5分足を使います。

 

今後のトレードで、トレード手法の見直しも出てくると思いますが、2020年3月31日時点でのトレード手法をまとめておきます。

 

FXで取り扱う通貨ペアは

ドルストレートの5通貨ペア。

(ユーロ/米ドル、ドル円、ポンドドル、、豪ドルドル、カナダドル)

 

自分のトレードは、デイトレード。

1時間足を基準に見て、1時間足のトレンドフォローを、5分足でエントリーする。

(4時間足、日足、週足も当然見る)

平日のオーバーナイトはあり。ただし、OCOを入れておく。

※週マタギは絶対なし。

 

証拠金が減るようなら、随時入金していきます。

 

 

トレンドの定義とトレンドフォロー

図は、1時間足の波をイメージしたものです。

1時間足がトレンドになる場合(なっている場合)に、トレードします。

 

トレンドが崩れるまでは、トレンド方向に仕掛けます。

トレンドの崩壊は、最後の押し安値ライン・最後の戻り高値ラインで判断します。

このラインがブレイクされるまでは、トレンド継続方向に仕掛け続ける。

 

トレンドラインでは、トレンドの終わりは判断できない。

トレンドラインブレイク後の極値更新(トレンド継続)は、本当に多いと思います。

終わった後なら、分かりやすいが、リアルタイムで見ている場合には、トレンドラインブレイクがトレンドの崩壊に見えやすい。

 

 

トレード手法

トレンドフォローの順張り手法は、3つの場面(パターン)に分類。

3つのパターンに適合する場合のみ、トレードする。

以下、上昇トレンド相場においての説明になっていますが、下降トレンド相場では、逆に考えるだけで同じことをします。

 

①最後の押し安値で仕掛ける(ラスト)

トレンドの最重要ラインを使って、継続方向に仕掛ける方法です。

(1時間足の)最後の押し安値ラインに到達した波の反転で仕掛けます。

※波の反転は、(5分足の)最後の戻り高値が崩されるか、最後の戻り高値を通したパターンラインブレイクを使う。

1時間足の最後の押し安値ラインは、5分足で多少ブレイクされたとしても、ダマシになることが多いと思います。

明確なブレイク、明確なブレイクのためのセットアップができるまでは、継続方向へのトレードを狙う。

 

 

②2回目の失敗で仕掛ける(ダブル)

主にネックラインが、「ダブルのライン」となることが多いと思います。

トレンド継続方向に仕掛けるのに、カウンター勢の失敗を使う。

(図では2回目の試しが反転しているが、これが3回目、4回目の試しになることもある)

これも、ラインに到達した波の反転で仕掛けます。

 

「ダブルの失敗」が、次項目の「ビルドアップのあるブレイク」に繋がりますが

「ダブルの失敗」がトレンドの崩壊ではないです。

 

この場合、一時的に、方向性の違うトレンド(上昇と下降)が成立する状態になります。

この状態では、両方向のトレンドに対してフォローを入れることになりますが、仕掛けた後は

旧トレンドの最後の押し安値、もしくは、新トレンドの最後の戻り高値で決済するようにします。

 

③トップ(トレンド方向へのブレイク)

トレンドが完成する直前や、完成直後に継続方向に仕掛ける方法です。

節目付近で何らかのパターンを作り、ビルドアップした後、ブレイクするのが望ましく、その場合のみ仕掛けるようにします。

何らかのパターンは、ペナント、フラッグが多いです。

ブレイクしない側に水平なバリア(支持・抵抗)があることが条件です。

 

 

4時間足の最後の戻り高値(押し安値)ゾーンに逆らうトレードはしない

1時間足を基準にしたトレンドフォローで最も多い失敗は、4時間足の反撃にあうことです。

1時間足が上昇トレンドだから、買いを入れたのに

自分が注文した後で、急落したり・・・。

 

僕自身が、ほんとにこのパターンでよく負けたので、4時間足の最後の押し安値(戻り高値)ゾーンでは、トレードしないようにします。

(ゾーン=N字波形)

 

 

方向の違うトレンドの攻防

旧トレンドが崩れることなく、新トレンドが形成されてトレードすることもあります。

②2回目の失敗で仕掛ける(ダブル)

が崩れて、カウンター方向のブレイクアウトが成立した時などです。

 

その場合にも、トレンドの基本に従い、最後の戻り高値や押し安値で決済するようにします。

 

1時間足の波に対して、下位足の5分足で仕掛けるトレードですが

5分足の仕掛けのパターンには深くこだわらないようにします。

 

それよりも

1時間足のどこで仕掛けているか?

1時間足のトレンドの方向は?

1時間足のトレンドの抵抗や支持になるものは?

という相場全体の分析の方が大事だからです。

 

基本的には、ボルマンのパターンブレイクの形を使ってトレードします。

 

僕のトレードで一番大事なことは、含み益を伸ばすこと。

含み益を抱えた時に、ルール無視の利確をしないこと。

含み益の最大値では利確できないことを認めること。

-FXトレード手法、ルール

Copyright© 35歳サラリーマンが5万円から始めるFX , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.